【サレ知っトク情報③】江戸時代の不倫は死刑?!

ALL サレ知っ得情報

こんにちは。

うな探偵社の近岡です。

緊急事態宣言の発令により現場が減りデスクワークが増えました。

さて、本日は【江戸時代に不倫した人がどうなっていたか】です。

知ってましたか?

江戸時代では不倫に対する処罰が、江戸幕府の定めた「御定書百箇条」には「密通いたし候妻、死罪」とあり、「密通の男」(不倫相手)も死刑とされていました。

不倫は死刑ですよ死刑。

その位重い罪だと認識して欲しいですね。

しかも、浮気された夫は、妻とその相手を殺しても「構い無し(罪を問わない

)」と、私刑(リンチ)を許している。との事です。

サレ側はボッコボコにしても、命を奪っても罪に問われなかったんですよ…

今は慰謝料数百万で解決出来てしまいますからね。

シタ側からすると大分緩くなったもんです。

~実話~

現代で私刑したら、こっちが悪くなってしまった…

                     I様



弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。