【探偵調査員の奮闘日記】探偵が露出狂を調査したらふつうにダメだった話⑨

ALL 探偵小説

こんにちは、うな探偵社です。
一般的に不貞行為とは、婚姻関係にあるパートナーがいながらもその他の異性と肉体関係を持つことをいいます。
しかし肉体関係の有無を第三者が目視で確認することはほぼ不可能なため、不貞調査では
「ラブホテル(=肉体関係を持つための場所)に2人きりで入った」
「相手の家やビジネスホテルなど、同じ部屋で1晩を過ごした」
といった決定的な状況証拠を集めることになります。

しかし、これはごくごく稀な、不貞行為が撮れてしまったケースです。

 

M美さんは下着姿でベンチで寝ています。

すると、どこからか足音が近づいてきました。

さすがに今男性が通りかかるとまずいので、職務を放棄して飛び出そうかと思いましたが、気づけばそれは先程見た男性でした。

男性とM美さんは笑いながら話しています。
男性は帰り際、まっすぐ帰るよう何度も言いながらM美さんが電車に乗るところまで見届けていたので、
それでもUターンして戻ってきてまでここで酔い潰れているM美さんに呆れ返っているのかもしれません。

男性はM美さんの服を手に持ち、しばらくは着せようと戦っていましたが、最終的には諦めたようで立って眺めているだけになりました。

やがてM美さんは疲れたのか段々と大人しくなっていき、
男性はM美さんに服を着せてホテルに連れていきました。
不貞というより保護といった感じですが、今調査3度目のラブホテルです。

再び2人が姿を現したのは、それから10時間近く時間が経ったお昼過ぎでした。
男性は今度こそ別れを告げて帰っていきます。

                    つづく

 

~実話~

別班が男性が帰宅するのを見届けたのですが。

まさか、帰ってくるとは…

                    調査員O

弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。