出張が多い旦那の実態

ALL

初めまして。
私はサレ妻の紀子。

サレ妻?

昔ドラマで流行った”不倫な浮気をされた妻”と言うこと。

あんなに仲良くやってきたのに

まさか私がサレ妻になる日がくるなんて…

私サレ妻は33歳で結婚して7年になり、子供は5歳の息子が1人。同い年の夫と3人仲良く生活しています。

夫との出会いは22歳の頃。新卒で入社した会社の同期、そう、社内恋愛です。

新人研修の日に一目惚れ。私から連絡先を聞いて休日はデートの誘い。

何度かデートを重ねた後にお付き合いが始まり、2年のお付き合いの後に同棲を2年して、彼からのプロポーズでゴールイン。

彼と2人でよみうりランドのイルミネーションを楽しんでいたらいきなり指輪をはめられて、、本当に幸せな瞬間でした。

プロポーズ後に妊活。子供が出来てから上司に関係を伝え退職して憧れていた専業主婦となりました。

あれから7年。

夫は綺麗好きで掃除や洗濯などの家事もやってくれるし育児も2人で協力してこなしてきました。

夫はトップセールスマン。

同年代と比べると給料も良い。

正直不満なんてないし、誰にでも自慢できる夫と息子の幸せな家庭…だと思っていました。

あの日が来るまでは…。

夫は月に1回ほど3〜4日かけて出張にきます。

営業で全国飛び回っているし、

それが当たり前だと思い疑いもしていなかった。

今月は北海道に行くそうだ。

大きな契約となるかも知れないと張り切る夫。

朝7時。

キャリーバックを引いて玄関を出る夫にお土産を頼み、笑顔で手を振り見送った。

次の日。

いつものように息子を幼稚園に送った帰り。

幼稚園が駅の近くだったからか偶然会社員時代の同期である美智子に遭遇。

美智子「あれ!?紀子じゃない!?久しぶりーー!!」

私「美智子!?全然変わらないじゃない!仕事はどうなの?」

退職してからは1度もあっていなかった美智子。

会社員時代は一緒に怒られたり、ランチを食べたり仲が良かったが

LINEなどのやり取りはあったものの、お互いに忙しく会うことが出来ずにいた。

と言うか、最寄駅一緒なんだ…

それから5分程雑談をした後、美智子が気がかりな事を言った。

美智子「それにしても昨日は大変だったでしょう!?風早君(旦那)ベロンベロンだったもんね〜〜」

私「え?ベロンベロン?北海道で飲み会でもあったのかな?」

美智子「何言ってるの、普通に会社の飲み会よ!昨日はホラ、会社の近くにあった部長が好きな居酒屋あったじゃない?そこで飲み会よ!

あ!もうこんな時間!私もう行くね!久しぶりに会えてよかったよ!またね!!」

私「え?ちょっとまって!」

そう言うもの小走りで走り去る美智子

夫は昨日の早朝から北海道に行ったハズでは…?

なんで隠し事をしている…?

嫌なモヤモヤがする。

それでも直接確かめる勇気は無い。

美智子に聞こうにも、もしかしたら勘繰ってる事を夫に言ってしまうかも知れない。

そう思うと何も出来なかった。

この幸せな家庭が崩れてしまいそうだから。

それからは子供と遊んでも、

掃除や洗濯をしていてもずっとモヤモヤしたまま。

食欲もない。

2日後

夕方の17:00に夫は帰ってきた。

定番の「白い恋人」を持って笑顔で帰宅。

私も笑顔で応えるが、上手く笑えているのかわからない。

ここ数日、ずっと美智子の言うことが引っかかっていたからだ。

夫がスーツを脱ぐとお風呂へと入る。

…チャンス!

私はすぐに夫のバックを漁りスマホをチェック!

しようとしたのだがロックがかかっていて中が見れない。

私「なんでロックなんてかけてるの!」

不安が大きくなる一方だ。

その時、「ピコン!」

夫のスマホにLINEが届いた。

沙耶と言う女性から「また来月ね❤️」と一言。

私「また来月ね…?」

誰この女。ハートマークなんてつけて

私の不安は的中したようだった。

今までのモヤモヤが、イライラへと変わった瞬間だった。

直ぐにお風呂場へと行き夫にスマホを見せた。

すると

夫「ああ、これね。北海道での営業先の人だよ。

来月も北海道に行くんだけど、かなり仲良くなってね。大口だから必ず決めたいんだけど…心配はいらないよ。あくまで仕事だからさ。

不安にさせてごめんよ」

そう言って頭にシャンプーをつけて洗い始めた。

私は何も言い返すことが出来ずにスマホを鞄に戻した。

モヤモヤは、晴れないままだが…

それから1ヶ月後

先月言っていた通り北海道へと行き帰ってきた夫は同じように直ぐにお風呂に入った。

やはり、モヤモヤしているのでどうにかして事実を確かめたかった私は夫の財布を漁ってみた。

すると「キャメロット」と言う何のお店かもわからないポイントカードが出て来た。

昨日、ハンコが押されている。

Googleで検索してみるとラブホテルの名前だ。

家の最寄り駅から3駅程離れた場所の。

疑いが確信に変わった。許せない。

もう幸せな家庭なんてどうでもよかった。

夫のゴルフクラブを持ち、お風呂場にズカズカと向かったらお絵かきをしている息子が目に入った。

私「もう、私達だけの問題ではないのね。この子の事も考えてあげないと」

私はゴルフクラブをしまい考えた。

その結果、夫の浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求することにした。

ただし、イライラは収まらないので夫の歯ブラシで便器を洗ったら少しスッキリした気持ちとなった。

サレ妻の復讐だ。

それから夫がお風呂から出てきたらいつも通りの笑顔で接する。

モヤモヤしていた時より上手に笑えている気がする。

私「いつもお疲れ様。出張、大変よねえ」

嫌味ったらしく言ってしまったかも知れない。

夫「ありがとう。来月は京都に行かなきゃいけないし大変だよ。でも、紀子や息子のためにも頑張るよ」

一体何を頑張るのかしらね?

そんな事を考えながら、また平気で嘘をつく夫に怒りを覚えました。

次の日、夫が仕事で家を出ると直ぐに私は「サレ妻 浮気調査」と検索した。

すると「うな探偵社」がトップに。

鰻屋さんかと思ったが、HPを見てみるとかなりしっかりしていて探偵の老舗のようだった。

“サレ妻”の言葉のように、探偵もドラマで勉強済みだ。

ここまで身近な存在だとは思わなかったけど。

直ぐにでも相談をしたかったが息子が熱を出してしまった。

これでは事務所にいけないな…

そう思っていたが、HPには「電話相談」に加えて「zoom」での面談、契約まで出来るそう…!

これなら面倒を見ながら、家で相談が出来る…!

私はすぐにzoomで相談をしました。

若い男性が出て、親身に話を聞いて下さりました。

こうやって誰にも言えない悩みとかって、話すとかなりスッキリする。なんだから久しぶりに少しお腹が空いた気がする。

探偵の方からしても、「ほぼ黒」は間違いないそうで。

次の出張を狙って調査してもらう事にしました。

それから1ヶ月。

ついに、その日がやってきました。

なんだか私がドキドキしてしまう。

朝の夫のスーツ姿をこっそり撮り、探偵さんにLINEしてあげ、夫を見送った。

本当に京都に行くのだろうか。

リアルタイムで探偵さんからLINEで報告が来る。

そうしてと頼んだからだ。

30分後、駅のロッカーにキャリーバッグをしまい

そのまま鞄1つで勤務先に入ったと連絡が入る。

私「普通に仕事?それか、朝礼してから行くのかしら…?」

いろんな考えが頭に浮かぶ。

その後、夫は全く出ない。

私「もしかして、探偵さんが見落としているのではないか?」そう不安に思っていた時だった。

ピコン!

私のスマホが鳴った。探偵さんだ。

探偵「今出ました」

時刻は18:00を回っていた。

普通に1時間の残業を終えて出てきたようだった。

それから駅でキャリーバッグを取ると電車に乗る。

上野駅か、東京駅辺りから新幹線かな?

そんな事を考えていると夫は2駅乗っただけだ降りてしまう。

リアルタイムだったので、緊張が凄い。

スマホにかじりつく私。

ピコン!

探偵「駅で20代くらいの女性と合流!〇〇(居酒屋)に入りました」

そう言って、写真も添付されていた。

見た事もない女だ。

どこで知り合ったのだろうか?

それにしても真正面の写真だけどバレてないのだろうか…?

どうやって撮っているのか不思議だなぁ。

それから2時間後。

夫と女が出てくるとラブホテルに直行。

ラブホテルの名前は「キャメロット」

前回と同じホテルだ。

ある程度の覚悟はしていたが、ショックで頭が真っ白になった。

わかっていても、辛い。

しばらくLINEを見るのを辞めた。

夫が帰ってきたのは2日後の夕方。

それまでどこで何をしていたかと言うと、例の女とラブホテルに連泊していたのだ…!

会社へは普通に出勤し、終わったら居酒屋、ラブホテルのパターンを連続で行っていた。

後日、探偵さんに調査レポートをもらいどうするのかと聞かれたが、正直ずっと悩んでいた。

夫の反応を見て決めようと思い、夫の鞄に調査レポートを忍び込ませておいた。

すると職場にいる夫からLINEが届く。

「本当にごめんなさい。今まで信じてもらっていたのにこんな形で裏切ってしまって申し訳ない。

子供が出来てからセックスレスになってしまい、そんな時に営業先で出会った敦子と関係を持ってしまった。

それから月に1回2〜3日ほど会っていた。でも、好きなのは紀子だけだ。本当だよ。

もう一度チャンスをくれないだろうか?敦子とは、関係を断ち切るから」

なんだかLINEで謝るのはズルい気がするけど、全ての真実が明るみに出て気持ちが晴れた私はあっさり許してしまった。

サレ妻の私は、もしかしてちょろい…??

(もちろん、次に会ったり連絡取ったら1000万円と言う内容証明は送りましたけどね笑)

子供もいるし、離婚もしなかったけど

また何かあったら探偵さんに頼もうもうと思う。

夫は給料が良いから沢山調べられるしね(笑)

ただ、出張に行ったフリをしてフェイクのお土産まで買って完璧に演技していたのが未だに許せませんが…

東京はなんでも揃ってる分、こんな事まで出来てしまうから注意が必要ですね。笑

今はまた、幸せな日々を取り戻すことが出来ました。

なんだかんだ言いましたが、本当はもう探偵さんを使う事が無ければいいと思っています。 そうならないよう、頑張っていこうと思います。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー