<集団ストーカ―>集団ストーカーは都市伝説!?そんなことはない集団ストーカーは実在します!

ALL 集団ストーカ―

沢山の人にずっと監視されている。

色んな人間が俺をずっとつきまとっている。

 

アナタの身近な人で最近こんなことを言い始めた人はいませんか?

 

なにを言っているんだ。

ずっと近所に暮らしている隣人たちや、ただ歩いていてすれ違った人たちじゃないか。

 

そんな事を言うたびにあなたはそう思われているでしょう。

それは仕方がないことだと思います。

周囲の複数の人間が1人の人間を監視することなど普通はありません。

そう、普通はないのです。しかし彼らは普通ではありません。対象者以外には気づかれることなく1人の人間を監視することに非常にたけています。

この方法で人間を精神的に追い込み破滅させることは実際にあります。

この行為、そしてこれを行う人々は「集団ストーカー」と呼ばれています。

目次
1.集団ストーカーの目的と手法を徹底解説!
2.集団ストーカーは被害妄想?ネットや世間の声に騙されてはいけない。
3.だが、集団ストーカーの立証は難しい。いったいどうすればいいのか?

 

1.集団ストーカーの目的と手法を徹底解説!

 

集団ストーカーを行っている団体や集団は創価学会のような宗教団体、近隣の住む町内の人々、特定の会社の会社員など内情は様々です。しかし地域に溶け込み普通の生活をおくっている人々が複数人で特定の1人につきまとい、関係ない人々に怪しまれることなく被害者に嫌がらせをすることが共通しています。

その監視方法やつきまとい行為もかなり大掛かりです。被害者の知人や面識のない人間が多数入り交じり、24時間365日絶えることなく行います。

そして監視とつきまといが長く続くと周囲からは把握できない嫌がらせ行為が始まります。

例えば自宅や職場等の周辺に行くと同じ人がそれとなく待ち伏せしていたり、その人たちが被害者とすれ違う際に監視していることをほのめかす様な言葉やリアクションをそれとなく行ったりしてきます。

これらの行為が続き、被害者が精神をすり減らした状態になった時に、新たな嫌がらせを加害者は始めます。その嫌がらせとはどの様なものがあるかを説明させて頂きます。

例えばですが、いつもなにか大きな音をたてる事を続けてたり、なにかしらの形で故意に光を目に当て続けたり、車椅子やベビーカーなどで進行方向を妨げたりなどです。

たかがこれくらいの事でと思われたかも知れません。確かに子供っぽい嫌がらせです。1回や2回されただけでは普通は気にもとめないでしょう。しかし、毎日頻繁にこれをやられると精神はかなりすり減ります。

また、こうも思われることもあるかと思います。

騒音や光なんて被害にあったら周囲の人も普通気づくだろ!

 

確かに故意に騒音や光を当てた場合、その不自然さに違和感を感じると思います。

しかし、集団ストーカーは日常に溶け込む形でそれらの行為を故意に被害者にしてくるんです。

更に音量や光の量もこの程度のことでと思ってしまうギリギリの量を絶えることなく被害者にあて続けてきます。

ですので、周囲の人間が、被害者が嫌がらせを受けていると気づくことはほとんどありません。

ここまで書いて集団ストーカーは何故ここまで手の込んだストーキングを行うのかと疑問に感じる方もいるかも知れません。

ストーキングが始まる動機は様々ですが、目的は共通しています。それは被害者の精神を周囲に気づかれることなく極限状態に追い込み、周囲との関係を断絶させて社会的に破滅させることです。

被害者を破滅させることを目的にしておりますので、時がたっても状況が改善することはありません。もし周囲の方が集団ストーカー被害に会われているようなら、放置するようなことはせずに、寄り添って一緒に対策を考えてください。

 

2.集団ストーカーは被害妄想?ネットや世間の声に騙されてはいけない。

 

集団ストーカーなど統合失調症などで病んでいる精神病患者の妄想だ!

インターネットを見ているとそんな意見が散開しています。

確かにそんな漫画みたいなことを集団で行うようなものがいることは関係ない人たちからすればおかしいと思うのは当然です。

また、統合失調症の患者は集団ストーカーの被害にあっているという妄想を抱いてしまう症状を発症してしまうことが多いのも事実です。

それらのことが色々と混同されてしまいこういった意見がネットでははびこってしまっています。

 

しかし、集団ストーカーは実在します。その証拠もございます。

 

大阪府 「集団ストーカー」犯罪の周知啓発等の取り組みを求めることについて

 

こちらのリンクを開いて頂ければお分かりになると思いますが、公的機関である大阪府警は、府民からこの様な声が寄せられていることを公表しており、実質集団ストーカーの存在を認めております。

 

こちらのサイトは集団ストーカーの相談窓口で弁護士や探偵事務所を紹介して、その手数料でお金儲けをしているようです。つまり集団ストーカーの被害は中々公にならないだけでお金儲けができるほど多発しているのです!

このことからも、集団ストーカーが精神病の人達の妄想だという意見は、集団ストーカー被害にあわれている被害者は勿論、精神病の人たちすらも侮辱して差別する偏見に満ちた意見であるということがお分かり頂けると思います。

そして精神病を養って集団ストーカー被害を訴えられている方も集団ストーカーに追い詰められて精神的に疲弊してしまい、それが原因で心が病んでしまい統合失調症などの精神病になってしまったのかも知れません。

 

集団ストーカーの目的とは│集団ストーカーの被害事例と解決策

 

3.だが、集団ストーカーの立証は難しい。いったいどうすればいいのか?

 

集団ストーカーが実在するということはご理解頂けたと思います。

ならば後は警察に被害を訴えるだけだ……っと思われた方も多いのではないでしょうか。

しかし、集団ストーカーは嫌がらせをしているという証拠を巧妙に隠ぺい致しますので、ストーカー被害にあっていることを立証することは困難です。

そもそも痴情のもつれから始まる通常のストーカー犯罪でも、警察は人権や民事の問題が複雑に絡みますので積極的に捜査を行うことはまずありません。

窃盗、不法侵入、暴行などの直接的被害を受けている場合以外、被害者はストーカー行為をしている加害者はどこに住んでいる誰なのかということを自分で特定して、そのうえで日常的に加害者からストーカー被害にあっていること立証する証拠も集めなければなりません。

通常のストーカー被害ですらこれだけ立証が困難なのです。ですので、複数の人間が徒党を組んで日常行為に見せかけて嫌がらせをしてくる集団ストーカーの行為は特に立証や見極め方が難しく、犯人の特定と物的証拠の獲得はストーカー調査に慣れていない人間ではほぼ不可能です。

ならばどうすれば良いのでしょうか?

簡単です!ストーカー調査に慣れている人間に、集団ストーカーを行ってくる犯人たちの特定と、ストーカー行為の立証をお願いすればいいのです!

では、ストーカー調査に慣れている人間とはいったい誰なのでしょうか⁉

それは探偵のことです!

集団ストーカーはいくら嫌がらせに手慣れているとはいっても何か専門知識があるわけではありません。所詮は素人です!

ですので、特定と立証のプロの手である探偵の手にかかれば赤子の手をひねるようなものです!

集団ストーカーがどこの誰なのか、どの様なつきまとい嫌がらせ行為を行っているのかを綿密にお調べして、警察に動いてもらえるだけの証拠をみつけてもらえます。

 

本当か?と思われる方もいらっしゃると思います。確かに調査に絶対はありません。しかし、あなたが自分でつかもうとするよりは確実です。

 

ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

お気軽にお問い合わせください。

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。