オタクは本当に結婚相手として優良物件なの?

更新日:

結婚

昨今ではネットで検索するだけで、様々な婚活の情報や、テクニック等を仕入れることができます。
そして浮気症だったり、いつまでも結婚してくれなかったりする彼氏とのお付き合いに疲れ果てた婚活女子により、しばしば「実はオタク男子が結婚相手として狙い目!」と紹介されるのです。
ネットに溢れる記事や体験談によれば、彼らの多くは女慣れしていないため、女性に対して尽くす傾向にあり、誠実で、かつ浮気をしないんだとか
ただ、少し前までは、世間一般の女性からの印象が悪かったオタクが、最近では一転して優良物件扱いされはじめているのには少し違和感を覚えてしまいますよね。
果たしてオタク男子は本当に浮気をしない優良物件なのでしょうか?
今回はその真相を読み解いて行きます

1.オタクが結婚相手として優良物件と言われる理由

 

では、そもそも一般的には非モテなイメージの強いオタク男子が婚活市場において優良物件とまで言われるのにはどのような理由があるのでしょうか?
その理由について幾つかの観点に注目して解説して行きます。

 

1-1.高学歴・高収入が多い。

オタク男子と聞いて真っ先に思い浮かぶのはやはり、理系男子ではないでしょうか?
オタクというのは言い換えれば好きな分野に対して周囲よりも強い探求心ある人のことで、そんな姿勢は学問にも通じます
特に理系のオタク男子は、好きな学問を究めた結果、高学歴かつ専門特化の高収入な仕事についている場合も少なくありません。
特別に見劣りしないのであれば、女性と比べて容姿が重要視されず、学歴や収入が重要視されがちの男性の婚活市場においては、そういった男性は優良物件扱いされるのです。
オタクが優良物件と言うよりは、優良物件にオタク気質な人が多い傾向にある、ということなのでしょう。

1-2.お互いの趣味を尊重してくれる

オタクに共通して言えるのが、分野が違えど堪らなく好きなジャンルがある、ということ。
そんな風にとことん好きなものがある人間は、分野違いであっても、他人の「好き」に対しても寛容な場合が多いです。
少し前まで趣味に対する風当たりが強かったのも影響して、他人の趣味を否定しない人間がほとんどなんだとか。
どうしても捨てられない趣味がある女性にとってオタクはお互いの趣味を尊重しあえる相手と言うことも出来るため、婚活相手として最適だという答えに至った人がいるのでしょう。
互いに好きなものを認め合うことができれば、それぞれの趣味の時間を尊重できる理想的な夫婦になれるかもしれません。
そのような意味では、確かにオタクは狙い目の優良物件でしょう。

1-3.一途で浮気をしない

「オタク=非モテ」という認識は、やはり今もなお一般的です。
事実、趣味に没頭するがあまりに女性経験が乏しかったり、逆に女性とあまりにも縁がないため趣味に没頭する様になったり、どちらが先とは言い切れませんがオタク男子女性経験の乏しい男性が多くいます。
そして非モテで恋愛経験が少ない男性ならば、モテる男性よりはチャンスが少なく、チャンスを活かせる経験も乏しいために浮気の心配は少ないでしょう。
オタクの性質として好きなものには一途な分、きっと彼女も一途に思い続けてくれるはず。そういった考えで、オタクを結婚相手として支持する女性も一定数います。

 

2.果たして本当にオタクは浮気をしないのか?

 

モテる魅力的な男性はあっという間にいなくなってしまうのが婚活市場。そもそも、モテる男性は婚活なんかしなくても結婚できるので、最初から婚活市場には少ないものです。
そんな中で残っている男性は、やはり多少は難があったり、あまりモテないタイプが多くなりがちです。
つまり婚活市場にオタク男子は決して少なくない、と言えるのです。
さて、オタクが婚活で優良物件として支持されている理由はどれも個人差があるように思いますが、特に最後の一途で浮気をしないという理由には疑問が残ります。
本当にオタクは浮気をしないのでしょうか?
それなら優良物件が多く残ってるはずの婚活市場で浮気に悩む人はもっと少なくても良いのではないでしょうか?
そう。
実を言えばオタクであろうがなかろうが、浮気をする人はするのです。
ここからは、その理由をいくつかあげてみましょう。

2-1.一度モテたら調子に乗りやすい非モテ

現状、これまで非モテとして扱われていたのが一転、婚活市場におけるオタク男子の地位は高まってきていますが、今まで自分を非モテだと認識していたオタク男子が婚活で人気を得るようになったらどうなるでしょうか?
そう、調子に乗ります。
実は、非モテというのはモテる機会が少なかったが故に承認欲求が強い傾向にあります。
そんな彼らが「実は自分はモテるんだ」と思ってしまえば、今までの不遇の時代の復讐のように、次から次へと新しい女性に手を出す可能性があります。
自分の強みも欠点も明確になるのが、婚活市場。
高収入や高学歴さえちらつかせれば、簡単に綺麗な女性も引っかかるかもしれないなんて思ってしまったら、簡単に浮気症なオタク男子は出来上がってしまいます。
女性経験が少ない=浮気をしない。
ではなく、むしろ女性経験が少ないが故に浮気者になるリスクも高いと言えるのです。

2-2.そもそも一途じゃないオタク男子

オタクと言えば一途に一つのものを愛し続けるイメージがあり、実際にそれを根拠に浮気をしないイメージを持たれている節があります。
ただ、実際にはオタク男子の全員がそうとは限りません
何か一つのジャンルや作品に傾倒するのではなく、雑食にあれこれと複数のジャンルに同時に手を出す欲張りオタクや、ジャンルを次々と乗り換える熱しやすく冷めやすいミーハーオタクも少なくありません。
好きな間はとことん一途でも、興味が少し切り替わると今までのものには見向きもせずに新しいものに熱中するのは、趣味だけなら問題なくとも恋人にされたら溜まったもんじゃありません。
飽きたらすぐに別の分野に手を出す、中途半端で多趣味なタイプのオタク男子は、婚活するうえで要注意かもしれません。

2-3.出会い厨のオタク男子

SNSが普及したことで、ネット弁慶が長じて、出会い厨になってしまっているオタクもいます。
直接ナンパはできなくても、顔が見えないネット上なら強気でアタック!
空気を読まずに女の子に粘着した末に、流されやすい女の子を落として成功体験にしてしまっている場合もあるんだとか。
こんなタイプのオタクと結婚した場合、結婚後も同じような行動を続けられる可能性は大いにあります
加えて、最近ではネットゲーム上でアバター同士を結婚させるいわゆる「ネット婚」という文化も存在します
オタク文化に明るくない人からすればたかがゲームと思うかも知れませんが、中にはキャラクター同士の恋愛が実際のプレイヤー同士の結婚に発展したケースもあります。
オタクにとってはネット上も、ゲームの中も、現実なのです

3.本当の優良物件とは?

 

ここまで「オタク男子でも浮気はする」と言う話をしてきましたが、オタク男子の全てが浮気をするわけではありません。
実際に優良物件なオタク男子も少なからずいるからこそ、体験談などで持ち上げられているのでしよう。
同様に、オタクじゃないから浮気をする、ということもありません。
当たり前の話ですが、オタク男子以外にも優良物件は存在します
つまり、本当の優良物件とは個人の問題であり、オタクと言う肩書きは優良物件を証明してくれるものではないのです。
では、本当の優良物件とは何に注目して見つければ良いのでしょうか?

3-1.真剣な話ができる

趣味が合う、話が合う、価値観が合う、婚活のために話をする中で注目したいポイントは多くありますが、その中で最も大事なのが話し合いができるかどうかです
例えば、結婚後に子どもが欲しいかどうかを女性が男性に尋ねたとします。この時、真に注目すべきなのは子どもが欲しい、欲しくないの意見が合うかではなく、意見がぶつかった時に相手の意見を尊重しながら話し合いをする姿勢を見せてくれるかどうかなのです。
結婚をすれば、これから先の人生をずっと共に歩むことになります。生活の中でいくつもの課題が浮かび上がり、夫婦で決断しなければいけない事は出産だけでなく、何度もあるでしょう。
もし育児や私生活の価値観が合っていたとしても、話し合いができないタイプであれば何処かでひとつ意見の合わない選択が立ちはだかるだけで簡単に関係が破綻します。
しかし真剣な話が出来る相手であれば、話し合いをしながら乗り越えていけるでしょう
どんな時も先送りにしたりなぁなぁにしたり、あるいは遠慮して引き下がったりせず、きちんと意見を持って真剣に話し合いができる男性こそ結婚生活が円満になる優良物件と言えるでしょう。

3-2.国家資格がある

例えば医者や公認会計士といったいわゆる難関資格を持つ男性の将来性は語るまでもないでしょう。
ただ、それに限らず国家資格を持っていることには大きな意味があります。
そもそも国家資格とは「国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」の事であり、法律によって一定の社会的地位が保証されています。
仮に職場が倒産する事があっても、社会的な信用の高さと資格が証明する能力により再就職は難しいものではなく、食い扶持に困る事はないでしょう。
将来性の高さと安定性による生活の保証をしてくれる国家資格は、それを持っているだけで優良物件と言ってしまっても良いでしょう

3-3.資産がある

相手の資産の大きさは年収以上に知るのが難しい情報です。
ただ、話してる間に不動産収入の有無であったり、家の太さだったりがわかることもあるでしょう。
もし相手にそれなりの資産や不労所得があるのであれば、結婚後や老後にわたり、安定した生活を送る事が出来ます。
結局は金かよ!と思うかもしれませんが、先立つものがなければ生きていけないのも事実。
性格が合うか、浮気をしないか、などもちろん見るべき項目は他にもありますが、安心や安定という点でこれに勝るものはないでしょう。
資産がある男性はそれだけで優良物件と言えます。

4.まとめ

 

浮気をするオタク男子もいる。
しないオタク男子もいる。
それならば、浮気をするかしないかの見極めはどうすればいいのでしょうか。
浮気をしやすい傾向、しにくい傾向、その特徴なんかは調べる事が出来ますが、何事にも例外があります。
初めは本当に誠実な人だったとしても、一時の迷いで過ちを犯してしまう事もあるでしょう。
オタクだから優良物件とは限らないのと同じ様に、浮気しやすい人の傾向や特徴に当てはまるから浮気をしている、とは断定できません。
結婚相手を探す時も、疑う時も、見るべきなのは肩書きではなくその人そのもの、個人なのです。
浮気をしていないか、浮気癖がないか、それを調べる為には探偵を雇って浮気調査をするのが確実かつ安全です。
浮気調査は悪いことではありません。
信じるために疑う、信じてるから調べる、そんな選択肢があっても良いでしょう。
もし不安に襲われ相手と向き合えなくなってしまったら、さっさと浮気調査をして真偽をはっきりさせてしまいましょう。
裏切られていないのならそれで良し。
浮気をしていたのならさっさと切り捨てれば良いのです。
皆さんの婚活が上手くいく事を願っています。

Supervisor Information

監修者情報 | 金子 玄

慶福法律事務所代表

【出身大学】
慶應義塾大学法学部法律学科・大学院法学研究科修士課程を修了

【経歴】
平成19年 弁護士登録後、複数の都内法律事務所に勤務
平成25年 慶福法律事務所設立

【所有資格】
弁護士(識別番号36627_第一東京弁護士会)・図書館司書資格

この記事へのコメントはありません。