うな探偵社直伝!iPhoneを使って浮気調査をする方法

更新日:

浮気調査

iPhoneを使って浮気調査をする方法

最近、パートナーの行動が怪しいと思ったことはありませんか?
「もしかして浮気をしているんじゃ?」
と疑い始めてしまったら、モヤモヤした日々が続いてしまいそうですね。

その不安を自分で解消するためにパートナーのiPhoneを確認してしまう方法もあります。
しかし、バレてしまうリスクもあるので十分注意してください。

ここでは、iPhoneを使ってパートナーの浮気を調査する方法を紹介していきます。
もし、リスクが怖いのであれば浮気調査のプロでもあるうな探偵社にご相談ください。

iPhoneでパートナーの浮気調査をする方法

iPhoneでパートナーの浮気調査をする方法

浮気の疑いがあるパートナーが使っているスマホがiPhoneの場合、この後紹介する4つの方法で浮気の調査を自分ですることができます。

iPhoneの通話履歴を見る

iPhoneの通話履歴を見る

まずは、iPhoneの通話履歴から確認してみましょう。
パートナーの警戒が薄いようであれば、浮気相手との通話履歴がそのまま残っているかもしれません。
頻繁に連絡をとっている電話番号を確認して、必要であればメモしておきましょう。

通話履歴の数も確認する

少し大変ですが、iPhoneの通話履歴の数も確認しておきましょう。
iPhoneの通話履歴は保存期間は定められていなく、100件まで保存できます。
つまり、履歴が100件未満のときはパートナーが削除している可能性もあるので警戒しておきましょう。
もちろん、そもそもの通話履歴が100件に満たない場合もあるので、通話履歴の日付などを確認して判断してください。

iPhoneのメッセージを確認する

iPhoneのメッセージを確認する

iPhoneの標準機能にメッセージもあります。
浮気を疑ったら真っ先にLINEやInstagramを確認すると思いますが、iPhoneのメッセージも忘れずに確認しましょう。
パートナーが裏をかいて、LINEやInstagramではなくiPhoneのメッセージを使って浮気相手と連絡をとっているかもしれません。
あなたも裏の裏をかいて、浮気調査をするときはiPhoneのメッセージも確認しましょう。

iPhoneの位置情報サービスを確認する

iPhoneの位置情報サービスを確認する

iPhoneは位置情報サービスを使うことで、過去50日間に行った「利用頻度の高い場所」を確認することができます。
普段パートナーが行かないような場所に行っている場合は、浮気の可能性があるので注意してください。
しかし、そこまで精度は高くなく、実際によく行っている場所でも、「利用頻度の高い場所」として認識されない場合もあるので、参考程度にしてください

位置情報の確認の仕方

比較的かんたんに確認することができます。

設定→プライバシーとセキュリティ→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い場所

ここで利用頻度の高い場所が表示されるので、怪しい場所がないか確認してください。

iPhoneを探すで現在地を確認

iPhoneを探すで現在地を確認

iPhoneには、「iPhoneを探す」という機能があります。
本来、紛失してしまったときに、どこにあるかGPSで探すものですが、浮気調査にも利用することが可能です。
あなたのスマホやPCから、パートナーのApple IDを入力するだけで、そのiPhoneがどこにあるのか現在地を確認することができます。

iPhoneを探すの使い方

iPhoneを探すの機能を使うには、事前に準備が必要になります。

パートナーのiPhoneの設定

まずは、パートナーのスマホで「iPhoneを探す」を有効にする必要がありますが、防犯上有効になっている場合がほとんどですので、念のため確認しておいてください。

設定→パートナーの名前→探す→iPhoneを探す

iPhoneを探すがオンになっていれば問題ありません。

iPhoneを探す

画像引用元:Apple

iCloudにログイン

icloudへのログイン

画像引用元:iCloud

https://www.icloud.com/ にアクセスして、iCloudにログインしましょう。
ログインするときに、パートナーの電話番号iCloud用メールアドレスパスワードが必要になります。
そして、ログイン通知がパートナーのiPhoneに行ってしまうので、気をつけましょう。
パートナーがお風呂に入っているタイミングがいいかもしれませんね。
もちろん通知も削除しておきましょう。

iPhoneを探す

iCloudにログインできたら「探す」のアイコンを見つけてクリックすれば、パートナーのiPhoneがどこにあるのか探すことができます。
もし、怪しい場所にいた場合は、浮気の可能性があるので注意しましょう。

iPhoneを探す

画像引用元:Apple

iPhoneを探すの注意事項

iPhoneを探すの注意事項

ここまでiPhoneを探すについて説明してきましたが、iPhoneの浮気調査の中では、精度は高いですがその分リスクも大きいです。

  • パートナーのApple IDのパスワードが必要なこと
  • iCloudログイン時に通知がいくこと
  • 予想しない通知がいくことも

パートナーのApple IDを入手することが難しいですし、通知されてしまいパートナーに怪しまれるリスクも十分あります。
そのリスクもきちんと確認しておきましょう。

iPhoneでパートナーの浮気調査をする前に必ず確認して欲しいこと

iPhoneの浮気調査をする前に必ず確認してほしいこと

パートナーのiPhoneを勝手に見ること自体に大きなリスクがあることを知っておいてください。
最悪の場合、違法行為となる場合もあります。

  • 不正アクセス禁止法違反
  • プライバシーの侵害

パートナーのiPhoneにロックがかかっていて、勝手に解除してアクセスすると「不正アクセス禁止法」に違反してしまいます。
また、ロックがかかっていなくても勝手に見た場合は「民法」にかわるプライバシー権の侵害にあたります。
パートナーのiPhoneを勝手に見ることにはそれなりのリスクがあるので注意しましょう。

逆に責められることも

逆に責められることも

あなたがパートナーのiPhoneを勝手に触ってしまい、プライバシーの侵害などをしてしまうと、パートナーが浮気をしていたとしても責められてしまう可能性があります。
パートナー自身も浮気という背徳行為をしていますが、それを棚に上げて責められてしまうかもしれません。
現在の法律では、浮気や不倫は犯罪ではありませんが、不正にアクセスしてしまうことは犯罪にもなります。

リスクを減らしたいならうな探偵社へ

リスクを減らしたいならうな探偵社へ

パートナーが浮気をしている気がするのに、自分で調べるにはリスクが高すぎると思っているのであれば、一度うな探偵社にご相談ください。
浮気調査のプロでもあるうな探偵社は、さまざまな浮気のケースに対応してきました。
その経験から、今あなたがすべきことしてはいけないことなどをアドバイスさせていただきます。
もちろん、あなた自身にリスクを負わせるような危険なことはさせません。

GPS無料貸出

GPS無料貸出

また、パートナーがどこか知らない場所に行っていそうな気がするけど、「問い詰めれないし、iPhoneをチェックできない」という場合は、うな探偵社のGPS無料貸出をご活用ください。
最初の3日間であれば、パートナーにバレにくいGPS機器を無料でお貸ししますので、どこに行っているのか確かめてみてはどうでしょうか。
GPSでの調査の結果、何事もなければ問題ないでしょうし、もし怪しい場所に行っていれば、そこから本格的な調査に乗り出すことも可能です。

GPS無料貸出

パートナーの浮気を疑ってしまうと、ちょっとしたことでも怪しく見えてしまいます。
そして、どんどん過敏になってしまい、あなた自身も耐えられなくなってしまって疲れ切ってしまうかもしれません。
そんな不安な毎日を過ごすことは辛いだけですよね。
うな探偵社にお任せしていただければ、浮気をしているかしていないかをはっきりと判断することが可能です。
もちろん、ご相談いただいたからといって、必ず依頼しなければならないというわけではありませんので、お気軽にご相談ください。

\紹介したくなる探偵社/
だから選ばれ続けています

「幸せ」「穏やか」
日々を取り戻そう

今すぐご相談

  • 友達には相談できない!
  • 警察では取り扱ってくれない!
  • など

Supervisor Information

監修者情報 | 金子 玄

慶福法律事務所代表

【出身大学】
慶應義塾大学法学部法律学科・大学院法学研究科修士課程を修了

【経歴】
平成19年 弁護士登録後、複数の都内法律事務所に勤務
平成25年 慶福法律事務所設立

【所有資格】
弁護士(識別番号36627_第一東京弁護士会)・図書館司書資格

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA