【サレ知っトク情報⑱】浮気調査で問われる犯罪

ALL サレ知っ得情報

こんにちは、うな探偵社の近岡です。

パートナーが浮気をしているかもしれないと思ったときに、まずは自分で調査をしてみようと考える方は多いかと思います。

しかし、つい熱心に浮気調査をしていると法律に触れてしまう可能性が…

本日は、浮気調査をしていて、触れてしまう可能性のある法律のお話です。

 

不正アクセス禁止法

スマートフォンやパソコンなどは、浮気の証拠がある可能性が高く、外せない情報源ではないでしょうか。

しかし、本人の許可なくロックのかかっているスマホの、パスワードや指紋認証を解除して、それによって本来見ることのできなかったデータを盗み見る行為は法律違反になります。

被害届が出されることは少ないものの、訴えられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

SNS、フリーメール、出会い系サイトなどに勝手にログインする行為も該当します。

不正アクセス禁止法の罰則は、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金です。

不正にアクセスして浮気調査をすると、このような罰則を科される可能性があるので気をつけましょう。

 

ストーカー規制法

浮気相手を特定した後に、相手のことを知りたいと思い尾行や張り込みをすることがあるかもしれません。

そのときに、相手が恐怖心を感じてしまうとこちらの法律に触れてしまう可能性があります。

ストーカー規制法の罰則は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

くれぐれも気をつけましょう。

 

~実話~

不正に手に入れた証拠は裁判では使えないんですね…

                   Y様

弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。