【サレ知っトク情報⑲】浮気調査で問われる犯罪2

ALL サレ知っ得情報

こんにちは、うな探偵社の近岡です。

以前に、自分で浮気調査をしていると問われる可能性のある法律についてご紹介しました。

しかし、実は他にも触れてしまう可能性のある法律はまだまだあります。

本日はその一部をご紹介します。

 

〈不正指令電磁的記録共用罪〉

すごい難しい名前ですが、簡潔に言えば浮気調査のために相手のスマートフォンに勝手にアプリをインストールした場合にこれが適応されます。

盗難・紛失の際にスマホの居場所を特定するアプリなど、浮気調査に使うと便利なアプリが色々ありますよね。

これを、防犯のために使う場合は違法ではないのですが、浮気調査のためにインストールすると違法です。

3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科されます。

 

〈迷惑防止条例〉

尾行や張り込みは、各都道府県が定めている「つきまとい等の禁止」という条例に触れる可能性があります。

この条例は、都道府県によって内容が少しずつ変わってきますが、浮気調査のためとはいえ相手のプライバシー領域を侵害する行為には違いありません。

6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。(東京都の場合)

 

〈住居不法侵入罪〉

車にGPSを仕掛けるために駐車場に侵入した、家の中に盗聴器を設置するために許可なく入ったという場合には、こちらの罪に該当します。

一緒に暮らしている、自分も住んでいる家だと問題にはなりませんが、別居中のパートナーの家や実家に浮気調査を目的として侵入することは違法です。

3年以下の懲役、10万円以下の罰金が科されます。

 

~実話~

浮気されてるのに訴えられるなんて意味がわかりません。

                   E様

弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。