【自撮りをする人には必見!】自撮り写真には危険な情報が隠されていることを現役探偵が教えます!「自撮り注意報 4」~結~

ALL

探偵業界も目まぐるしく変化していますが、世の中の流れ、変化の目まぐるしさに目が回っている「うな探偵社」のOG-3です、こんにちは☆彡

アンテナ建てておけないと遅れるばっかりです(´;ω;`)ウゥゥ

今回の探偵ブログは前回「自撮り注意報3」の続きとなり、とうとう「人探し」「家出調査」の全貌を記しちゃっています!!

~目次~

■家出調査は情報収集が第一!?

■家出調査の肝はキーパーソンを探せるか!?

■聞き込み調査から得た情報は写メ!?瞳!?

■家出した少女はどこにいたのか!?

■自撮り注意報!

「家出調査は情報収集が第一!?」

ここから、過去の「家出調査」、家出した少女の発見事例です(ここまで長々とすみません)

あるとき、探偵・調査員の私が得た情報は「少女が家出した」際に「瞳」に映っていたわずかなヒントでした。

当時その少女は「中学生」でした。ご依頼者は勿論ご両親です。

まず「家出調査」は情報収集が第一です。

この少女のご自宅に伺い、ご両親と共に、その少女の部屋に有る物、無い物、置いていった物、持って行った物等の確認や、ご両親から性格等の少女に関することを全て確認しました。

中学生では当たり前なのか、私が感じたのは「ちょっとおませな女の子」という大人ぶったり、女性のアピールをしたりするような異性の意識する女の子、女の子という印象でした。

「家出調査の肝はキーパーソンを探せるか!?」

その印象から探偵、調査員の私は「きっとこの少女は、友達に自分の行為を自慢していたのではないか!?」と思ったわけです。

※当時の状況の補足ですが、その少女は家出して数日経過しておりました。

警察にも届け出ておりますし、学校にも相談しております。

学校関係者とご両親は、友人にいろいろ聞いておりますから、ほとんどの関係者には「家出した」ことが知られていました。

そういったことから、これまでの状況をふまえ、もしかしたら、この少女は自分からも「家出した」ことを、友人や誰かに、なんらかの方法で、伝えていると、もしくは話しているのではないか!?と感じました。

要は「私、今ちょーリア充してるよ♪」と、自慢ですよね。。。

そんな良い悪いが判断できたら「家を飛び出していない」ですから。。。。

というより、過去の事例から「少年・少女の家出」は、誘拐ではない場合、「重要なキーパーソン」が必ずいます。

少年・少女は「いきなり社会に出て自立できるわけがない」のですから、誰かを頼っているものです。

そういったことからその「キーパーソン」探し、情報源となる「友達」「友人」に聞き込み調査開始です。

~調査経緯 略~

「聞き込み調査から得た情報は写メ!?瞳!?」

聞き込み調査の結果、この少女の家出した後の写メを入手することができました。

この少女は友人に家出したあとに写メを送っていたのです。

よくある思春期のガールズトークで「初体験は!?」とか、「彼氏いるから!?」とか、

ちょっと自慢気に話すタイプがいると思いますが、やっぱりそのとーーーおりだった!!!

この少女は家出先で撮った写メを友人に自慢気に見せつけてきたのです。

その写メは、わざとらしく可愛く、綺麗に、素敵な洋服を着たもので、背景が町中ではなく、どこかの部屋の一室であり、なんとなく誰かと一緒にいるような感じと、芸能人等のプロフィール写真のような雰囲気を感じました。

そして探偵の私がその「写メ」から情報を得ました。

その少女の「瞳」に映っていました!!!!

その少女の「瞳」から得たわずかな情報は、

「撮影機材」です。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そう長々と前置きにした「照明」「ライト」のような「機材」だったのです。

そこから探偵の私が推理・想像できたことは、

「これ宣材写真を撮っていたな」ということですね。

※宣材写真(宣材)は、芸能人だけではなく、ホストとか、キャバクラ嬢とか、さらには風俗関係とか、撮影するようです(ちょっと濁してみた)。

「家出した少女はどこにいたのか!?」

はい、そこから女の子が「宣材写真を撮影する」と言えば「水商売」、そういった店で働こうとしていたことが予想できたわけです!!

※家出してもまず「住むところ」が必要になりますよね!?「彼氏の家」とか、「友人の家」とか、判り易いパターンですが、きっと想像できるかもしれませんが、「寮付きの職場」もそのひとつですよね!!!なので「水商売」は「寮付き」パターンが多いですから。

そこからは大変な道のり、「水商売」の店を特定するということになりましたが、結果は、その店を特定でき、この少女を発見することができました。

※ここまで長々ときましたが、最終結果迄のプロセスは詳しく書けませんので、想像にお任せします。

ただこの少女は中学生であり、水商売で働けるわけがありません。悪い大人が係わっているのです。

「少年・少女」が犯罪に巻き込まれたことになるわけです。

「少年・少女の家出」は大問題です。

善し悪しの判断がつかないことで起こった「少年・少女」の行動です。

確かに前のブログで散々記しましたが、

良い悪いが判らず、というか、良い悪いが判っていても、「浮気」や「不倫」を軽はずみでしてしまう大人がいるのですから。

未熟なわけですから、少年・少女はできる限り自分で良い悪いを考えられるような環境で成長してもらわないといけませんね。

「自撮り注意報」

もしかしたら何気なくSNSにアップしたあなたの「自撮り」写真にも、なにか個人情報が映り込んでいるかもしれませんよ、

要注意ですよ!!

長々と記した駄文を最後まで見てくださってありがとうございます。 また次回の駄文をよろしくお願いいたします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー