探偵社が多過ぎてどこに頼めばいいか悩む時の対処法

ALL

日本に探偵社はいくつあると思いますか?

きちんと営業しているかはわかりませんが、届出だけでみると全国で5,000社以上あります。

しかし、殆どが個人営業で下請け専門の一人親方みたいな探偵社です。

かといって、一人探偵社がダメなわけではありません。個人探偵社も全て一人で調査するわけでもなく、きちんとネットワークができてお互いに助けあって調査しています。

意外にこういう探偵社の中に調査力が高かったり、料金が安いところがあったりします。

しかし、営業力がないので広告も出してないし、よくわからないので中々頼みにくいですよね。

探偵の選び方として、

一番良いのは知り合いの探偵社に頼むことです。例え、その探偵社が悪徳業者(笑)だったとしても紹介案件ならきちんとやってくれます。その探偵社で難しい案件であれば、他の良い探偵社を紹介してくれるでしょう。

また、直接の知り合いに探偵社がいなかったら、友達や親類に聞いてみると身近にいることもあります。

といっても、ことはデリケートな問題の為、探偵社に頼むことをあまり知り合いに知られたくない人が大多数でしょう。

そんな人は、調査したことがある人に直接、聞き、良い探偵社だったかどうかを教えてもらうことです。

「そんな人もっといないよ!」

って声が聞こえてきそうですが、いえいえ、今の世はネットがあります。

直接は知らなくてもTwitterやInstagram、Facebookで繋がっている人に聞いてみましょう。

繋がってなくても、

「探偵社を使ったことがある」

「この前、浮気調査した」

などの書き込みが溢れています。

丁寧にDMを送ってみてください。

同じ境遇を体験している人ですから、見ず知らずの人にも「どこの探偵社に頼んでどうだったか?」を教えてくれるはずです。

「〇〇探偵って、きちんとやってくれたけど料金は高かった」

「〇〇調査会社は安かったけど、何度も失敗されて結局、高くついた」

「相見積もり取りまくって、一番安かったとこに頼んだけど、これといって問題なかったよ。」

「〇〇ってとこを知り合いから紹介されたんだけど、ホームページも出てなくて怪しい感じ。でも、頼んだら料金は安いし、調査もちゃんとしてた」

間違っても口コミサイトやランキングサイトをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

掲載されている探偵社がダメということはないですが、殆どが探偵社の広告であり、掲載内容を全て信じるのはやめましょう。

そうやって情報を集めて良さげな探偵社を3~5社ピックアップしてください。

ここでピックアップした探偵社に低レベルの探偵社はないはずです。カウンセラーの対応の良し悪しだったり、料金の高い低いだったりはあると思います。

そこでピックアップした探偵社を回って比較してください。基本、何処も相談・見積もりは無料ですし、面倒なら大概は近くまで来てくれます。

探偵社に相談する前に

以下の3つのポイントから、あなたが最も優先することを決めておきましょう。

・料金の安さ

・カウンセラーの対応の良さ

・現場対応力

ここで決めた優先順位が一番高いことについて質問したりしながら、選別するとよいでしょう。

料金の安さなら、できるだけ詳しく料金体系を聞き、比較してください。

カウンセラーの対応の良さは、個人の相性もあるのであなたの感覚で決めて大丈夫です。

現場対応力とは、あなたの要望にどれだけ対応できるのか?ということです。

・突然の調査依頼でも引き受けてくれるか?

・急な調査員の増員でも引き受けられるか?

・出張場所からの調査も可能か?

・尾行から遠方地に移動しても問題ないか?

などです。

特に浮気調査などでは、浮気相手と会うかもしれない日が突然にやってくることが多いので、あなたの状況がこれと同じなら優先順位を高くしておく必要があります。

大手探偵社は全国展開し、規模も大きいのでここに問題はないと思われがちですが、意外に支社間で縄張りがあったり、調査員は全て外注の下請けで急な対応が難しかったりということもあります。もちろん、きちんと体制を整えているところもあります。

逆に個人探偵社でも業者間ネットワークを構築していて全国対応可能だったり、急な調査員の増員にも対応できたりするところもあります。

よくネットなどで「調査力があるか?」をポイントとして引き合いに出されますが、ハッキリ言ってわかりません。

探偵社のホームページに記載されている「調査力業界No1」や「成功率99.8%」「お客様満足度97%」などは賑やかし程度と思っておいた方がいいでしょう。また、「相談時に推し量る!」的なことを言っているサイトも見かけますが、そもそも面談で話したくらいで調査力がなさそうと思える程度の探偵社には頼まない方がいいでしょう。

調査員は職人と同じです。

撮影技術がうまい人もいれば、尾行がうまい人もいます。尾行にしても徒歩での尾行が得意な人、車両での尾行が得意な人、張り込みが上手な人、経験を積んだベテラン、体力だけが自慢の新人、全て一長一短があり、適材・適所、調査内容に合わせて出動する調査員を選びます。

なので、余程でない限り、探偵社によって調査力が変わることはありません。

けれど、個人レベルでは確かに調査力が高い調査員はいます。

しかし、その探偵社に在籍している調査員全てが調査力が高いことはないですね。

もちろん、調査で商売している探偵ですから、教育と経験により、ある一定のレベルの調査力があるのは確かですが、そこには大なり小なり個人差があるのが実情です。

なので、どうしても調査力が気になるなら、親身になってくれて頼りがいのあるカウンセラーがいる探偵社を選び、細かく調査プランについて話し合うことがいいでしょう。

きっと調査力の高い調査員を配置できる調査プランを検討してくれると思います。

あと「探偵業の届出はあるか?」なども見かけますが、今時、届出を出してない探偵社なんてありません。後でわかったとしたら違法ですから逆に依頼者にとっては都合が良いかもしれません。調査がうまくいっても返金してもらえる可能性が高いですよ。

昔のネットがない時代の探偵社は、殆どが電話帳広告頼みでしたから詳しい料金表示がなく、殆ど言い値でした。

契約書もなく報告書も渡さない探偵社

お金だけもらって現場にも行かない探偵社

半ば恐喝じみたことをする探偵社

あの頃と比べると今は、本当に業界はよくなってきました。

と言っても、よくわからない料金体系や偽りの成功報酬制など、他の業界と比べるとまだまだのところはあるんですけどね。。

ということで、探偵社選びは

1.縁戚に頼る

2.SNSを活用する

3.3~5社を訪問して面談する

探偵社のサイトやランキングサイト、口コミサイトの情報はあくまでも参考程度にしましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー