浮気旦那と離婚するために弁護士がいかに重要かを徹底解説

ALL 浮気調査

「信じていたのに、旦那がまさかの浮気をしていた・・」
これまでの穏やかな結婚生活が一変する、旦那の裏切りが発覚したら、すぐに離婚を突きつけたくなる人も少なくありません。
離婚を考えた理由が旦那の浮気である場合、まずは弁護士の力を借りることを検討した方が良いでしょう。
この記事では、浮気旦那ときちんと別れるために、弁護士がしてくれることや、最適な弁護士の探し方・選び方、また弁護士の業務内容と注意点について詳しく紹介していきます。
後悔しないためにも、正しい方法で離婚の準備を進めましょう。

1.浮気旦那と離婚したいなら弁護士へ依頼すべき5つの理由

旦那の浮気が分かったら生活を共にしたくないと思うのが正常な判断です。
しかし、今後旦那や浮気相手に慰謝料を請求したい場合や財産分与について話し合いたい場合、弁護士に依頼した方が何かとメリットが大きいでしょう。
ここでは弁護士に依頼することがどのような重要な役割を果たすか5つの理由を解説します。

1-1.確実に裁判で使える浮気の証拠が分かる

浮気相手とのメールや、服に残った化粧や香水の匂いなど、旦那が浮気していることが分かったきっかけが必ずしも有効な証拠になるとは限りません。
裁判で使える浮気の証拠とは、以下の2つのポイントが鍵となります。
・肉体関係が分かる証拠
・故意、過失が分かる証拠

 

人によって浮気のボーダーラインは変わってきますが、法律上での浮気や不倫の判断基準は明確に決まっており、「不貞行為」があるかないかで全く異なります。
不貞行為とは、肉体関係のことを表し、ただのメールのやり取りや映画館や食事などのデートは浮気とは認められません。
裸の写真や性行為があったことが分かる会話などが証拠となりますが、自分の判断だけでは難しい場合もあり、弁護士に一つ一つ確認する方が安心でしょう。
また、浮気相手から慰謝料を請求したい場合は、相手の故意・過失が分かる証拠が必要です。つまり、既婚者だと分かっていて、旦那と付き合ったと分かるメールや音声が証拠となります。
今、証拠として持っている資料が本当に有効なのかは、法律の専門家である弁護士に聞くことが一番でしょう

1-2.浮気相手側から訴えられた時にすぐ対処できる

旦那に浮気をされたことで、妻は被害者として今後どのように訴えれば良いのか調べて準備をすることが通常ですが、実は浮気相手から旦那が訴えられるケースも少なくありません。
もし、旦那が既婚だということを隠して浮気相手と交際していた場合、女性から慰謝料を請求されることもあるのです。
特に何年も付き合いがあり、浮気相手との結婚を匂わせていたら、「貞操権の侵害」として訴えられるでしょう。
貞操権とは、性行為の相手を自由に決めることができる権利のこと
相手に何かを隠されたり自分の意思とは無関係なところで強要が判明されたりすると、貞操権の侵害にあたります。
もし相手女性の故意・過失が認められず、貞操権侵害だと判断された場合は、最大で200万以上の慰謝料を請求されることも覚悟しなければなりません。
このようなケースでは、浮気女性側の弁護士から突然連絡が来るため、何も知らない妻は適切な対応ができないでしょう。示談や裁判に進むにしても、弁護士に早めに依頼して備えておくことが安全な選択といえます。

1-3.適正な慰謝料を請求できる

弁護士に依頼せず、旦那や浮気相手から慰謝料を請求することはできます。
しかし、法律の知識や慰謝料の相場を知らずに準備を進めることで、本来請求できる金額よりも低くなってしまう恐れがあるでしょう。
また、内容証明郵便を送ったとしても、請求した金額を支払うケースは少なく、うやむやにされたり大幅に値切られたりする場合もあります。
そもそも旦那の浮気が発覚したら、なぜ慰謝料請求が可能なのかというと、民法により不貞行為が離婚事由として認められているからです。
不貞行為は、結婚生活を侵害する不法行為に該当し、精神的な苦痛を伴うものでしょう。
民法では財産以外の損害に対して賠償責任が問われるため、はっきりと不貞行為が示される証拠が必要になります。
婚姻期間が長い場合や、夫婦関係の破綻の程度で慰謝料は100~500万と変わってくることも少なくありません
弁護士に詳細に相談して、正当な慰謝料を請求しましょう。

 

 

1-4.精神的・体力的負担が軽減する

弁護士を立てずに、自分一人で問題を解決しようとする場合、想像している以上の精神的・体力的なストレスがかかります。
とくに、浮気相手と会うとなった時は、感情的になりやすく冷静な判断が難しくなるでしょう。第三者がいない場合、咄嗟のトラブルに適切に対処できず、事態が悪化する恐れもあります。
たとえば、示談書を用意したにもかかわらず、浮気相手が自分の行為を正当化して拒否することも考えられるでしょう。
感情的になりすぎて、浮気相手に過剰な暴言を放った場合、録音されて脅迫行為として逆に訴えられる危険も伴います
弁護士に依頼すれば、そのようなリスクもなく、事実ベースで確実・冷静に問題解決が進むため、心の余裕が大きく変わってくるでしょう。
万が一のトラブルを回避するためには、全てのやり取りに弁護士を通すことが重要です。

1-5.離婚・親権の手続きがスムーズに進む

旦那の浮気が判明して、離婚しようとなっても、子どもの親権で相手と折り合いがつかないことがあります。親権問題は、妻側に経済的な問題があったとしても有利に働く場合が多いですが、浮気したからといって旦那は親権が取れないということではありません。
浮気は夫婦の問題であり、養育費や子どもとの生活を考える際には全く関係がないです。
お互いの話し合いが進まず離婚調停となったら、弁護士に依頼するのが一般的です
弁護士は、具体的な条件をヒアリングして、調停申立書の作成や裁判の手続きを代行してくれます。また、調停にも同行し、その都度アドバイスをもらえるので、離婚調停がスムーズに進むことが望めるでしょう。
難しくて面倒な手続きを全て任せられるだけでなく、話し合いにプロの視点で意見してくれるので、大きな安心感にもつながります。
とにかく離婚をして前を向きたい、子どもの将来のためにも仕事に集中したいという場合は、弁護士の力を借りることが最善策といえるでしょう。

2.浮気・不倫で弁護士に依頼する方法・探し方

浮気旦那や相手の女性から正当な慰謝料を請求して、離婚するには、法律のプロである弁護士にあらゆるサポートをお願いすることが必要不可欠です。
しかし実際に弁護士に相談するとなった場合、どうやって見つけたらいいのか分からないことも多いのではないでしょうか。
ここでは、良い弁護士の探し方を解説します。

2-1.口コミ・知り合いから紹介

ひとまず確実に良い弁護士に依頼するには、家族や知人など周囲の人から紹介してもらう方法が一番安心です。
相談内容の種類を問わず、身近な人の意見は信用でき、依頼費用や人柄についても教えてもらえるでしょう。
もし知人や友人の中で、弁護士に依頼した人が見当たらない場合は、弁護士ポータルサイトから口コミを確認して探すことができます
相談する際には、何度も顔合わせをする必要があるので、できるだけ家から通いやすい場所に法律事務所があることも優先順位が上がってくるでしょう。
近所の法律事務所を複数ピックアップして、公式ホームページからお客様の声を見て、決める方法でも間違いありません。

2-2.実績を確認する

良い弁護士なのか調べるには、その人がどんな事例を担当したのか、どのくらい実績があるのか分かると安心です。
実績を確認するには、法律事務所の公式サイトに掲載された情報をチェックしていきましょう
離婚や不倫などの家庭内トラブルに強い弁護士であれば、詳しい実績が掲載されていることもあります。実績は件数だけでなく、それぞれの事例でどのような結果に至ったのかも注意してみていく必要があるでしょう。
また法律事務所のホームページで、離婚に関係する記事が多数掲載されていたら、支援実績が豊富だとわかります。

 

 

 

 

2-3.取り扱い業務を調べる

浮気や離婚に関することを弁護士に相談したい際には、専門知識や経験が豊富な人を選ぶことが重要です。
男女問題のトラブルであれば、民事事件を扱った経験のある弁護士が確実でしょう。
専門分野を調べる際には、弁護士検索サイトの利用がおすすめです。
全国各地の法律事務所の情報が一度に検索できるので、取り扱い業務を調べやすいです。
たとえば以下のような業務を扱っているところを選びましょう。
・相談業務
・代理人業務
・家庭問題
・文書作成業務

 

弁護士は、医師のように明確な専門があるわけではなく、法律に関する多様な業務を担当していることがほとんどです。そのため、専門と謳っている弁護士に限らず、債務整理や刑事弁護を扱う弁護士であっても、離婚問題に適切に対処できるといえます。

2-4.不倫トラブルの書籍から探す

浮気に関する相談を行いたい場合、実績や経験が豊富な弁護士を探すことが第一条件です。一般的な浮気・不倫ではなく、ダブル不倫や旦那が浮気相手に既婚であると隠していた場合は、問題が複雑化するため、優秀な弁護士についてほしいと考えるでしょう。
そういった泥沼不倫の法律知識を持っている弁護士は、依頼件数が段違いに多く、さまざまな事例を経験してきた人といえます
あらゆる経験を元に、不倫・浮気に関する法律の書籍を出版している弁護士であれば、どんなイレギュラーな事態が起こっても適切に対応してくれる可能性が高いでしょう。
浮気相手からも慰謝料を請求させるような困難なケースの場合、放置しておくだけで、裁判に進む恐れもあります。
浮気相手にすぐに回答を提出するためにも、さまざまなトラブルを経験・支援してきた弁護士を探しましょう。

2-5.法律相談センターに行く

旦那の浮気・不倫によって離婚したいと考えたら、まずは法律相談センターを利用するのがおすすめです。
法律相談センターとは各地域での弁護士会が運営している法的サービスのことで、一般市民が無料または有料で相談できる場所です。
有料の場合でも30分5,000円程度と、専門家に相談するには比較的リーズナブルな価格帯なので、利用する価値はあるでしょう。
限られた時間を有意義に使い相談するためには、下記のようないくつかのポイントがあります。
・浮気発覚のきっかけや証拠資料をまとめる
・時系列で細かく記載する

・言いにくいプライバシーに関わることも詳細に話す
弁護士の法律相談は、守秘義務のもと、誰かにバレるようなことは一切ありません。
肉体関係や夫婦関係の変化など、あまり人に言いたくないようなことも、正直に相談することで、どの程度の慰謝料請求が可能なのかアドバイスをもらうことができます。
時間内で、聞きたいことを質問するためにも事前に資料をまとめて臨みましょう。

3.浮気・不倫を相談すべき良い弁護士の特徴・選び方

法律相談センターや実績・取り扱い業務などで弁護士探しを行うと、色んなタイプの弁護士がいて、どのような基準で選べばいいのか分からなくなる場合があります。
ここでは、浮気旦那と離婚したいときに相談すべき弁護士の特徴を解説します。

3-1.迅速・丁寧な対応

良い弁護士は、相談者に寄り添って、常に丁寧に対応してくれます。
とくに離婚にまつわる相談では、相談者のストレスが大きいため、一刻も早く解決に向かうようにスピーディーな対応が求められるでしょう。
ささいな質問にも親切に分かりやすく回答してくれたり、返信が1日以内と迅速に対応してくれたりする場合は、実際に依頼しても最後まで安心できる可能性が高いです
また担当する弁護士だけでなく、事務所の他スタッフの対応も注意して観察しましょう。
ちゃんとした会社で、適正な人員配置であれば、従業員も不満を抱えることなく、余裕のある対応ができるからです。

3-2.費用の内訳が明確

法律や離婚の手続きなど、素人では難しい問題を扱う弁護士に正式に依頼する際には、ある程度の費用がかかります。
離婚などの家庭のトラブル解決にかかる弁護士費用には以下のような種類があります。
・相談料
・着手金
・実費
・成功報酬

 

慰謝料や今後の養育費・親権などを話し合う協議離婚の場合、弁護士費用は成功報酬として、一定のマージンをいただく形が多いです。
たとえば、慰謝料を100万円請求することが決定した場合、その金額の20%が成功報酬となるなど決まっています。
また、調停の申し立てにかかる手数料や交通費などの実費も費用に入ります。
具体的な内訳が明記されている場合は、安全で信頼できる弁護士だといえるでしょう。

3-3.相性が良い

いくら実績と経験が豊富な弁護士でも、個人で継続して関わっていくためには相性が少なからずあります。
優秀な弁護士であっても、話をよく聞いてもらえなかったり連絡のタイミングが遅かったりと、ズレを感じる場合は選ばない方が良いでしょう。もし相性が悪いにもかかわらず依頼を継続した場合、自分の希望を十分に伝えられないまま、手続きが進んでしまう恐れがあるからです。
法律事務所としての方針が、自分の求めている結果にそぐわない場合も同様です。
きちんと問題点を理解してくれて、慰謝料の請求や不倫相手への制裁など、細かな対策を打ち出してくれる人を選びましょう。

3-4.複数と比較検討する

法律事務所では無料相談を受け付けていることも多いので、自分にとって相談しやすい弁護士を見つけるには複数の弁護士と関わって決めることが望ましいです。
複数見積もりができるサイトや弁護士比較サイトなどもあるので、比較検討しやすいでしょう。
見積もりを行う際は、安い費用だからといって決めてしまうことは危険です。
実績や費用の内訳、話しやすさなど総合的に判断して慎重に決めましょう。
費用については、分割払いに対応している法律事務所もあるので、まずは相談してみることをおすすめします
https://navi-law.com/?yclid=YSS.1000273685.EAIaIQobChMIn9j55YWu-wIVC6-WCh2z4wCvEAAYAiAAEgLJefD_BwE https://www.bengo4.com/search/

 

 

4.浮気・不倫で弁護士に依頼する際は、探偵との併用がおすすめ!

法的に認められる証拠のアドバイスをしてくれたり、裁判手続きでの書類作成を行ってくれたりと、幅広いサポートを行ってくれる弁護士ですが、実際の不倫の証拠集めに関しては手伝ってもらうことができません。
浮気している女性が誰なのか、どこで密会しているのかなど離婚に必要な証拠集めは、労力と忍耐力が必要です。
一番肝心とも言える浮気の証拠集めは、尾行や待ち伏せのノウハウを持った探偵事務所に依頼した方が安全かつ迅速に行ってくれるでしょう。
探偵事務所の浮気調査では、慰謝料請求に有効な法的に認められる動画や写真などの証拠を集めて、浮気調査報告書を作成してくれます。
また、浮気相手の女性の本名や勤務地などを見つけ出すので、正式に内容証明を送ることも可能です。
できるだけ早くに解決したい、しっかり慰謝料をとって離婚したいと考える場合は、弁護士と探偵事務所を併用しましょう

 

少しでも調査をご検討の方は、ご連絡ください。
弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。 お気軽にお問い合わせください。

1分簡単 オンライン診断↓ 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談↓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓
soudan@una-tan.com

電話でご相談↓
0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓
お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓
浮気調査

調査料金のページはコチラから↓
調査料金

うな探偵社は、
ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。
弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。