<労務調査>新卒、中途、全ての採用活動で企業は探偵を活用すべき!

ALL 労務調査

目次
1.入社を希望する応募者の真の姿を知りたいならば探偵を活かそう!
2.労務コンサルはクオリティの高い探偵に頼もう!
3.ビジネスシーンで探偵を活かせるのは採用活動だけではない!

 

 

1.入社を希望する応募者の真の姿を知りたいならば探偵を活かそう!

 

企業では定期的な採用活動により、優秀な人材の確保し育成することが重要な取り組みとなっています。現在のビジネス社会では市場ニーズが多様化しており、これまでの発想では顧客の満足を得ることが難しくなっています。

そのために社員もマーケットの要望・流れを敏感に察知して、それに対応できる取り組みを自ら考えてプランニングからアクションに移すことができる積極的な姿勢を持つことができる人を採用していかなければなりません。

その一方で就活している学生の人たちは、自分たちのスキルを活かすだけでなく、将来的にキャリアアップの考えている人が増えてきているのが実情。

そのために就職後も、1つの企業に留まることなく、転職されも視野に入れながら仕事に従事する傾向が強まっています。

このようなことから、いかに優秀で、且つ定年まで勤務してくれる人材を発掘していく必要があるのです。

 

新卒採用の面接で人柄を見抜く質問例・コツとミスマッチを防ぐ方法

 

また、中途採用・キャリア採用により経験豊富な人材を取り込んで、即戦力としていくことも企業の採用担当者は目を向けて行かなければなりません。

採用後もコンサルタントの力を借りて、労務コンサルを行い社内の風通しを良くしていく必要があるかと思います。それでもまずは、潜在能力が高く自社の社風にもマッチできる人材を探すことが、今後の社運を大きく左右していくと言っても過言ではありません。採用の基準・決め方だけでなく、経歴調査から犯罪歴調査まで深い身辺調査ができてこそ、望む人材の登用に繋がっていくのです。

しかし、ここまで定期採用や中途採用の段階でどこまで詳細な調査をすることができるでしょうか?

今では就活斡旋・人材派遣・転職エージェントなどの人材仲介企業が増えています。こういったところは、ある程度応募者の情報を持っています。

しかし、本人すら隠しているような深く詳しい個人情報を手に入れることはそういったところではとても難しいです。と、申しますか人材を企業に採用させてこそなんぼの商売ですので、都合の悪いことは故意に隠している可能性が高く、質問をしてもぼかされる可能性が高いです。

企業が望むような人材を発掘するためには、探偵事務所に依頼することがとても効果的なのです。探偵事務所の仕事としてイメージするものは、浮気調査や家出人捜索など、どうしても個人の行動調査というイメージが強いのですが、それだけに1人の人間がどのような人柄なのかを調べる点は一般的な人材派遣会社とは実力が違います。

人の調査をすることを専門としているプロ集団のために、企業の人材採用においても、類を見ない強力な情報収集能力を有しているのです。

インターネットという情報化社会だけでは決して得ることができないリアルで有効な情報を探し出すことができるプロだからこそ、採用に関する情報集まで対応できるのです。

これから採用においても、このように探偵の活用ニーズが日に日に増してくると言ってもいいでしょう。

 

 

2.労務コンサルはクオリティの高い探偵に頼もう!

 

企業が優秀な人材を採用するに当たり、探偵事務所を活用して面談者の身辺調査を行うことは、前項でお話したようなことが背景に挙げられます。その結果、採用後もコンサルタントの力を借りずに社内も活性化していくことができるようになってきます。

しかし、ここで重要なことは、優秀な探偵に依頼するかということ。

日本には非常に多くの探偵が存在しており、大きな事務所を構えるところから、個人レベルで活動している探偵まで、実にさまざまです。

その中から情報収集力が高い探偵事務所を選ぶポイントとしては、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

一般的には、口コミやホームペ-ジに掲載されている実績に基づき判断するという方法もありますが、それだけでは不十分。

探偵業を行うためには公安委員会に届け出る必要があるため、その届け出がきちんとなされているかを確認しておきましょう。

その上で、その事務所の特性を見極めることが重要になってきます。信頼のおける事務所になると、対象となる採用希望者を差別するようなことは致しません。

あくまで客観的な情報・事実だけを収集して、企業に提供してくれます。

ここで私感的な情報は入り交じると、企業側も正しい判断ができなくなってしまうためです。

また、近年は個人情報保護法が厳しくなっているために、探偵によっては違法性の高い行動で情報を入手するリスクがあるところも少なくありません。しかし、実績のある探偵事務所になると、法的な内容もしっかりと認識しているので、そこから得られる情報も決して違法性のないものばかりなのです。

そのために定期採用者・中途採用者の人材を求める時には、適正な情報を客観的な観点から収集できる探偵事務所を選ばなければなりません。

 

3.ビジネスシーンで探偵を活かせるのは採用活動だけではない!

 

このように採用活動では探偵は必須であるということはお分かり頂けたと思います。もっといってしまえば、ビジネスシーンで探偵が必要となる場は採用活動だけに限定されません。労務コンサル全般に探偵は必要です。

しかし、労務コンサル全般に探偵が必要だと言われてもイメージできない方も多いかも知れません。

例えばですが、経費不正受給の疑いのある社員がいた場合、その証拠を社内の人間だけで押さえるのは大変難解です。尾行などの調査に精通したプロの力が絶対必要です。それを行うサービスを提供している業態は探偵以外にありません。

近年では、競合他社からの違法スレスレの攻勢に対策を追われる企業もあることでしょう。機密情報が情報漏洩している可能性がある場合、産業スパイや社内に仕掛けられた盗聴器を発見することは社内にいる人員だけではノウハウがなく大きな時間と労力を要します。依頼料が掛かっても探偵に依頼した方がはるかに効率的です。

また社内いじめやモラハラ、セクハラは非常に厄介です。職場の生産性を大きく低下させるうえに、いじめられた人間に会社が訴えられて法的な責任をとらされるリスクも大きく含んでいます。そしてそれだけ厄介なものであるにも関わらず、内部監査を行っても当事者は勿論、見ているだけの人間も関わりたくないので口を閉ざしてしまい表面上には現れず、水面下で手遅れになっている場合が大半です。そういった状況の中で確たる証拠をつかむには探偵に依頼することがどうしても必要になってきます。

その他にも新しく取引を検討している企業がある場合、適切な財務状況の把握と反社チェックがどうしても必要になってきます。しかしその会社の人間に直接その様なことを聞きにくいですし、自社の人間でその様な調査を行うことはほぼ不可能に近いです。そのため探偵に依頼する以外に正確な情報を知る手段がありません。

このような常に変化するビジネスシーンにタイムリーに対処するために、経験豊富な探偵事務所の力が必要不可欠となります。

優秀な社員を確保するだけでなく、オープンで働きやすい労働環境を確立するためには、探偵事務所の力を借りなければなりません。

ビジネスパーソンの皆さまは是非お抱えの探偵事務所を1つは持っておかなければなりません。

もし、これを読まれているビジネスパーソン様が東京で会社を経営されているならば一度、当探偵社にご相談ください。ご事情に応じた適切な提案をさせて頂きます。

 

<労務調査>探偵社が労務問題の頼れるパートナーであることを知っていますか?

 

少しでも調査をご検討の方は、ご連絡ください。

弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

お気軽にお問い合わせください。

 

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

 

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。