<浮気調査>【2022最新】不倫・浮気を見抜く方法とは?不倫の有力な証拠集めの方法も解説!

ALL 浮気調査

<浮気調査>【2022最新】不倫・浮気を見抜く方法とは?不倫の有力な証拠集めの方法も解説!

【2022最新】不倫・浮気を見抜く方法とは?不倫の有力な証拠集めの方法も解説!

 

「最近、旦那があやしい」
「不倫の証拠をつかみたい」

旦那が不倫しているかもしれないと感じたとき、確実な証拠が欲しいと思いますよね。
不倫相手と別れさせたい・慰謝料を請求したいなど目的はさまざまですが、証拠を集めないと何も進展しません。
本記事では、不倫・浮気している旦那を見抜く方法や、証拠になるモノ、証拠集めの方法などを詳しくご紹介します。
相手にバレずに、確実に不倫の証拠を集めたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

1.不倫している可能性が高い旦那の行動とは
2.不倫の証拠となるもの10選
3.不倫の証拠を自力で集める方法と注意点とは
4.不倫の証拠集めで探偵に依頼するメリット・選ぶときのポイントとは
4-1.探偵に依頼する際のメリット
5.まとめ

 

1.不倫している可能性が高い旦那の行動とは

 

「決定的な証拠はないけれど、なんとなく不倫している気がする」と感じる妻は多いです。
ここでは、不倫している旦那にありがちな行動パターンについて解説します。
当てはまることが多いほど、不倫している可能性は高くなるかもしれません。
まだ、不倫の証拠がない場合は、旦那を問い詰めることなく泳がせて観察しましょう。

1-1.妻の予定を細かく聞いてくる

不倫相手と密会する時間を調整するために、妻の予定を細かく把握しようとする旦那は多いです。どこに出かけるのか、何時まで何をするのか、など今まで質問されなかった事も知りたがるのは、確実に妻に用事があることで安心したいからでしょう。
もし途中変更して帰宅時間が早まることがあれば、都合が悪くなることを隠しているのかもしれません。
予定を深掘りして質問されたら、少し時間を誤魔化して伝えて帰宅して相手の反応を見ると良いでしょう。

1-2.趣味が変わった

不倫相手に影響されて、趣味・嗜好が変わることがあります。
例えば、食の好みや音楽のジャンル、映画や本・スポーツなど、これまで興味のなかったものにやたらと詳しくなっている場合は、不倫している可能性が高いです。
不倫相手に好かれたい一心で、若々しい格好をしたり髪型を変えたりなど身だしなみを整えることも多いでしょう。これまで外見に無頓着だった人ほど分かりやすいかもしれません。
誰からの影響なのか把握するために、趣味や外見の変化を褒めて沢山話させることでボロが出るのを待つのも一つの手段です。

1-3.不倫・恋愛の話題に敏感になる

不倫スキャンダルの報道や、不倫・浮気を題材にしたドラマなど、日常で突然耳にした話題に過剰な反応をする場合、後ろめたいことを隠しているかもしれません。
旦那は、不倫相手を隠そうとするほど動揺していつもと違う表情をしたり、おかしな発言をしたりするでしょう。
恋愛やマッチングアプリなど、自分と重ね合わせられる話題には口を閉ざす傾向があります。不倫をしていなければ客観的な感想を言うはずなので、友達の話題として話を振ってみると良いでしょう。

1-4.口数が増える

不倫していると、これまで仕事だけで楽しみのなかった旦那はいつもより機嫌が良くなり口数が増えることがあります。
男性としての自信を取り戻し、精神的な余裕が生まれることで、いろんなことに寛容になるのかもしれません。そのため妻に対して、急に優しくなった際には注意深く観察しましょう。
また、不倫相手に褒められることで、会社の同僚から言われたと誤魔化しながらも妻に自慢をすることがあります。
「最近嬉しそうだけど何かあったの?」と聞いて反応をみることをおすすめします。

1-5.突然お土産を買ってくる

記念日や誕生日でもない日に突然お土産を買ってきた場合、不倫の罪悪感を払拭するための行動かもしれません。
普段からささいなプレゼントをくれる旦那の場合は、プレゼントを渡すときの表情や言動に変化がないか注意しましょう。やたらと妻のご機嫌を伺うような素振りを見せた場合は、喜んでいる姿に安堵の表情を浮かべるはずです。
あからさまに疑って「いきなりどうしたの?」と聞かずに、冗談交じりにどうして買ってきてくれたのか理由を聞くことで、旦那の心理が見えてきます。

1-6.残業や休日出勤が増える

特定の曜日だけ帰宅時間が遅くなったり、これまでほとんどなかった休日出勤で外出が多くなったりした場合、不倫相手と密会している可能性が高いです。
仕事について普段から妻に話している男性なら、妻からも「忙しくなって大変だね」と聞いて様子を伺うことができるでしょう。
不倫相手のスケジュールに合わせて密会していると、突然の残業も増えるかもしれません。
帰宅しても、残業になった経緯を言わなかったり、全く愚痴をこぼさなかったりと不自然なときは、帰宅後の様子を注意して観察しましょう。

1-7.スマホの通知をオフにしている

不倫相手との連絡手段は、LINEなどのメッセージアプリやSMSを使用していることがほとんどです。
不倫している旦那は妻にバレないようにこっそり連絡を取りたいので、通知を完全にオフにするでしょう。これまで通知オンが鳴っていたのに急に静かになり、妻の前でスマホを触らないようになったら隠し事をしている可能性が高いです。
アプリの通知をオフにするだけでなく、仕事モードや機内モードにして電話もかからないようにしている場合も同様です。
「スマホ鳴っているよ」とカマをかけて旦那の反応を確かめましょう。

1-8.帰宅して、すぐお風呂に入る

これまで、仕事から帰宅してダラダラと過ごすことが多かったのに、すぐにお風呂へ直行するようになったら不倫の証拠を隠滅しようとしているのかもしれません。
不倫相手との密会後なら、香水、シャンプーなど誤魔化せない匂いが身体や髪に付着します。また下着やワイシャツにもタバコや食事の残り香がついているでしょう。
お風呂に入っている中で、気持ちの切り替えをして、妻から何か聞かれた際にも冷静にウソをつく準備をしている場合もあります。
洗濯ものをチェックして、風呂上りの旦那の発言から変化を読み取りましょう。

1-9.車の中が片付いている・変化がある

旦那が車を使って出掛けたあとに、不倫の証拠がたくさん残っていることがあります。
2人の時間を過ごせる車内は、不倫相手との密会に使われることも少なくありません。
座席の角度が変わっている、ほこり一つ無くなってキレイに片付いているなど、物的証拠がなくても異変に気付きやすい場所でしょう。
さらに注意したいのは、匂いや髪の毛です。運転席や後部座席など普段妻が乗らないスペースなら油断して証拠を残していることもあります。
あえて隙間に小物を隠しておき、旦那の様子を伺ってみましょう。

1-10.女の勘がはたらく

不倫している旦那のほとんどが何かしらの行動に分かりやすい変化があります。
長く一緒にいるパートナーだからこそ、ほんのささいな一言や、表情で異変を敏感に察知し「女の勘」がはたらくものでしょう。
不倫がバレる原因はスキンシップが減ったり、スマホを隠すようになったりと、人によってさまざまです。まだ不倫の証拠がない限りは、今後について冷静に考えながら、他にもあやしい行動がないか調べてみましょう。

 

2.不倫の証拠となるもの10選

旦那の行動や態度から不倫しているとなんとなく感じても、決定的な証拠が無ければ確信が持てませんよね。このまま問い詰めても、妻側が不利になる可能性もあるので注意が必要です。
また、慰謝料請求の交渉の際には、有力な証拠を集めなければなりません。
具体的にどのような不倫の証拠を集めれば良いのか、それぞれ詳しく解説していきます。

許せない! 旦那が浮気してるかも……プロが教える対処法とは

2-1.レシートやチケット

財布やカバンに入っているレシートが不倫の証拠になる場合があります。
下記のようなレシートや領収書がないか確認しましょう。
・飲食
・ラブホテルなどの宿泊
・レジャーのチケット(映画やテーマパークなど)

普段行かないような高級レストランや予約が必要な飲食店の場合は、不倫相手と行った可能性が高いです。その日の旦那の言動にも齟齬がなかったか、メールなどのやりとりを確認すると良いでしょう。コンビニを利用したレシートでも、店舗住所を確認して、行動範囲から不倫を見破ることも可能です。

2-2.LINEまたはSNS上のメッセージ

LINEやSNSのダイレクトメールが不倫の証拠になる場合があります。
2人の関係性が親密だと分かるやり取りがあれば、その画面を撮影します。
日時や相手の名前もはっきり映るようにして、旦那のスマホを撮っていることが分かるように撮影しなければなりません。
肉体関係があることが分かるやり取りは有力な証拠になりますが、何気ない会話や食事やデートの約束だけでは証拠にならない可能性があるので注意しましょう。
LINEの場合、相手の名前を変更している場合もあるので、本人のプロフィールから本来の名前を確認してください。

2-3.動画または写真

LINEやメールに添付された不倫相手と一緒に写っている動画や写真は、不倫の証拠として価値が高いです。
とくに重要なポイントは、肉体関係があることが分かるかどうかです。ただのツーショットでは、誤魔化される可能性もあり証拠にはなりません。
2人がホテルに出入りする際の様子を写真や動画に収めることができれば言い訳のできない決定的な証拠となるでしょう。また相手が一人暮らしの場合、家に出入りしていることが分かる写真も同様です。撮影日時が分かる記録で、頻度が多いほど、確実な不倫の証拠になります。

2-4.交通系ICカードの利用履歴

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードの利用履歴は、浮気を推測するための判断材料として有効です。履歴は、券売機やスマホのモバイルSuicaなどから確認できます。
利用している最寄り駅と日時を把握することで、旦那の通勤エリアとは関係のない場所を特定できるでしょう。
利用履歴だけでは有力な不倫の証拠にはなりませんが、行動パターンが分かるので、不倫相手との密会場所をあぶり出すことが容易になります。券売機で確認する場合は、最新20件しか把握できないので、定期的にチェックしなければなりません。

2-5.音声記録

旦那のスマホに残っている音声記録は、不倫の証拠として有力です。
留守番電話や、LINEなどの音声メッセージなどから密会していることが分かると良いでしょう。
また、旦那に不倫を問い詰めた際の音声記録は、有力な証拠になることがあります。肉体関係があることを認めるような発言を引きだすことができれば、あとで言い逃れできません。話し合いの前には必ず音声を録音し、消去されないように書面にするか、別の媒体に保存することをおすすめします。

2-6.手帳や日記、手紙

旦那の不倫を推測できるものとして、意外と見落とされがちなのが手帳や日記です。
不倫相手との密会の場所や時間などのスケジュールや、相手の住所や電話番号が記載されているメモなどが入っていると不倫の証拠になる可能性があります。
また、不倫相手からもらった手紙は、肉体関係があることが判断できなくても、有力な資料になることがあるので注意しましょう。
不倫相手が、旦那が既婚者であると把握している文章があれば、「故意・過失」を満たしており、慰謝料請求の際に訴えやすくなるからです。

2-7.GPS

GPSから読み取れる位置情報は、不倫の判断材料として有効です。GPSから読み取れる主な情報は下記が挙げられます。
・ラブホテルや相手の家などの密会場所
・デートで使用している飲食店・施設

GPS単体では、確実に肉体関係があることまで分かりませんが、切り札として他の証拠と組み合わせることが可能です。配偶者であれば共有財産である車にGPSを取り付けることは違法ではありませんが、別居中の旦那や、他の車に取り付けることはプライバシーの侵害にあたるので注意しましょう。

2-8.ラブホテルの会員カード

ラブホテルの利用が分かる会員カードやポイントカードが見つかれば、不倫の証拠になりえます。
1回きりの利用だけでは、「介抱していた」「1人で休憩しただけ」など言い訳をされる恐れもあるので、頻度と日付がわかることが重要です。
日付が分かれば、その日の旦那の発言やLINEのやり取りから確実な証拠資料として提出できます。財布やバッグ、スーツのポケット、車など入念に調べてみましょう。
ラブホテル側に問い合わせても、顧客のプライバシー保護の観点から、情報提供がされることは期待できません。

2-9.探偵事務所の報告書

旦那の不倫調査を探偵事務所に依頼した場合、離婚調停や裁判の際の証拠として提出できる調査報告書を入手できます。
報告書には、調査期間、旦那の行動記録と不倫相手の個人情報、密会の場所や写真・動画など、時系列に沿って事細かな記載があります。
とくに写真や動画は、顔が鮮明に写っていることで不倫の証拠として価値が高くなるでしょう。客観的な情報が多い程、信頼性が高い資料として認められるので、依頼する際には、報告書のサンプルを確認することをおすすめします。

2-10.自白したあとの謝罪文

不倫の証拠として決定的なものを入手できない場合も多いでしょう。
しかし、旦那や不倫相手が事実を認めた際には、謝罪文が不倫の証拠になります。
記載すべきポイントは以下の通りです。
・作成した日付
・作成者の名前・住所・署名・捺印
・不倫相手の名前・住所
・肉体関係を持った日付・回数・場所など

謝罪文は、強制的に書かされたものでなく、相手の意思を尊重しているかどうかも分かると良いので、やりとりは音声記録も残すと良いでしょう。

 

3.不倫の証拠を自力で集める方法と注意点とは

 

旦那に不倫されていると分かった場合でも、今後どのようにしたら良いのか迷っている人も多いかもしれません。
離婚を切り出すか、相手に慰謝料をもらって旦那を許すのか、など選択肢を広げるためにも、確実な証拠集めは必要です。
ここでは、不倫の証拠を集めるには具体的にどのように行動したら良いのか詳しく解説していきます。

3-1.パソコンの履歴

自宅で使っているパソコンがあれば、履歴から不倫の証拠を集められる可能性が高いです。
パスワードがかかっていてロックされている場合は、普段の会話の中から考えつくものを入れてみましょう。中には、あらゆるパスワードを手帳などにメモしている人も少なくありません。
インターネットの閲覧履歴には、デートの行き先や宿泊サイトの予約などが分かります。
メールのやり取りを残していることもあるので、フリーメールの送受信を確認しましょう。
そのほか、ゴミ箱や写真フォルダ、検索履歴からも女性の影がないか調べることができます。

3-2.財布の中身

財布は、普段の行動パターンを把握しやすい持ち物です。クレジットカード、ポイントカード、交通系ICカード、レシートなど、毎日チェックすることが大切です。名刺や現金の減り具合にも注意してください。
財布を確認する際は、確実に旦那にバレないタイミングを選びましょう。入浴中や、就寝中などバレずに短時間で確認できる方法を見つけて継続することが大切です。万が一、旦那に勘付かれた場合、あらゆる証拠を捨てられる恐れもあるので慎重に行いましょう。

3-3.ドライブレコーダーの履歴

ドライブレコーダーの履歴からは、位置情報と日時・録画された車内・車外の映像や音声などから不倫の証拠を集めることができます。
これからドライブレコーダーを取り付けたい場合は、GPS機能や録音機能など容量の大きい機種を選ぶと良いでしょう。
旦那が設置を嫌がったり、電源をオフにしていたりと証拠集めができない場合でも、その事実が不倫の状況証拠となり得ます。車を利用したのに走行履歴がない日時をメモして行動パターンを把握しましょう。

3-4.クレジットカードの利用明細

クレジットカードの利用明細からは下記のような不倫の証拠を集めることができます。
・ホテルや旅館の宿泊
・服や指輪などのプレゼント

自宅に届く明細書や、Web上でのクレジットカード使用履歴にアクセスして確認しましょう。利用明細を確認する際は、日付と金額にも注意してください。
宿泊の履歴や不倫相手へのプレゼント購入履歴が見つかっても、これだけでは有力な証拠にはなりません。早まって直接問い詰める前に、その日の発言やLINEのやり取りなど複数の証拠を集めることで価値が高まります。

3-5.スマホをみる

スマホに入っているアプリには、LINE以外にもカカオトークやViberなど不倫相手専用のメッセージアプリをインストールしていることがあるので念入りにチェックしましょう。
浮気調査ができるスパイアプリは、勝手にインストールすることで違法になる恐れがあるのでおすすめできません。
警戒心の強い旦那であれば、スマホを盗み見ること自体が難しいです。必要以上に肌身離さず持っていたり、画面を裏返しにしていたりする場合は、他の持ち物にも注意して観察しましょう。

3-6.尾行

LINEのやり取りやSuicaなどの記録から旦那が浮気している曜日と時間を把握できたら、自分で尾行することも選択肢の一つとして挙げられます。尾行や張り込みをする際には、旦那にバレない服装やレンタカーを利用しましょう。
しかしその日のうちに、不倫現場を特定することは難しく長期戦の覚悟が必要です。
小さい子供がいる・妻も仕事をしている場合は、何度も尾行することは難しいでしょう。また、車での尾行は事故につながりやすく、路駐で他の住民から通報されるケースもあるのであまりおすすめできません。

3-7.カメラ・ボイスレコーダーを利用する

妻が留守にしている間に、自宅や車などで不倫相手と密会している場合、カメラやボイスレコーダーを設置することで確実な不倫の証拠を集めることができます。
小型カメラはペン型やモバイルバッテリー型など、自宅に置いても不自然にならないものを選びましょう。ボイスレコーダーは長時間録音可能な機種もあるので、車やバッグに忍ばせることも可能です。
顔がはっきり撮影できないと意味がないので、動体検知機能や暗視機能など性能の良い機種を選びましょう。

3-8.自分で証拠集めをする際の注意点

ここまで自力で不倫の証拠集めをする方法を解説しましたが、いくつか注意点があることを把握しておきましょう。
まず、違法性に関する注意点は下記の通りです。
・ クレジットカードの利用明細などを勝手に開ける行為は、親書開封罪になることがあります。
・ 無断でスマホのパスワードを確認して見る行為やパスワードを変更することは不正アクセス禁止法に抵触する恐れもあります。
・ 自宅や公共の場以外での撮影は迷惑行為防止条例に触れ、カメラを設置すること自体が住居侵入罪に問われます。

また、証拠集めをしている段階で、旦那にバレる可能性は非常に高いことも認識しなければなりません。
とくに、スマホやパソコンのチェックは要注意です。ネットショップやメールなどログインをすると、2段階認証設定により通知がいくため、リスクを伴います。

 

4.不倫の証拠集めで探偵に依頼するメリット・選ぶときのポイントとは

 

旦那の不倫の証拠を集めたいなら、自力でなく探偵事務所に依頼する方が確実です。
旦那の不倫を疑うようになると、なかなか周囲にも相談できず、日常生活の中で無理をしているのではないでしょうか。
ここではプロの探偵に依頼するメリットと注意点や探偵事務所の選び方について解説します。

 

4-1.探偵に依頼する際のメリット

 

探偵事務所が行う不倫・浮気調査には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
主なメリットを5つに分けて詳しくご紹介します。

  1. 最後までバレずに不倫調査できる
    自力で不倫の証拠を集めようとすると、法に触れる危険性だけでなく旦那にバレる可能性が非常に高いです。探偵なら、旦那や近所の人に顔も知られておらず、尾行や張り込みを複数人で慎重に行うことができます。そのため、短期間の依頼でも有力な不倫の証拠を集めることができるでしょう。
    依頼することで、妻がスケジュールを調整する労力や時間もかからず、怪しまれることもなくなります。
  2. 長時間の不倫調査が可能
    裁判で有利になる不倫の証拠は、肉体関係の継続性が分かる資料です。定期的に何度もラブホテルに出入りしている写真や、不倫相手の家に入る写真が複数枚あると良いでしょう。
    このような証拠を集めるには、長時間の張り込みが必要です。
    妻が仕事や育児をしながら、定期的に尾行して証拠となる写真を撮影するのは難しいでしょう。探偵に依頼すれば、昼夜問わず一瞬のチャンスを逃さずに撮影できるので失敗することも少ないです。
  3. 裁判に提出できる確実な証拠が入手できる
    探偵に不倫調査を依頼すると、裁判に有利な確実な証拠を入手できます。
    不倫の調査報告書は、慰謝料請求や離婚調停の際に提出する資料となり、素人が作成するのはまず不可能です。
    探偵は、2人の顔が分かる鮮明な写真撮影だけでなく、不倫相手の名前・住所・勤務先を調べあげることが可能です。高度な技術と豊富な実績がある探偵事務所なら、効率良く証拠集めをしてくれるでしょう。
  4. 妻が有利な立場で行動できる
    不倫していることが確実になれば、妻側が有利な立場で、今後の話し合いを進めることができます。もし旦那から離婚したいと言われても、不倫をした「有責配偶者」からの離婚要求は拒否できます。慰謝料請求については、不倫の事実を知った日から3年間が時効なので、その間のもっとも良いタイミングに離婚するための準備ができるでしょう。
  5. 精神的負担が少ない
    証拠集めのためと割り切ったとしても、旦那の不倫を目の当たりにするのは精神的に大きなダメージがあるでしょう。悲しみや怒りのなかでは、確実な証拠写真の撮影は多くの方ができません。探偵事務所に依頼すれば、1人で不安を抱えることなく精神的なケアを受けながら冷静に対処できます。
    また今後のアドバイスをもらえ、不倫調査中の旦那への対応などささいなことでも相談相手となってくれるので、安心して任せられる点が大きなメリットでしょう。
  6. 探偵事務所に依頼する際の注意点・デメリット
    探偵事務所に不倫調査を依頼する際には、費用がかかることがデメリットとして挙げられます。
    まずは無料見積もりで数社に相談してみると良いでしょう。
    調査費用には、専用の撮影機材費や調査報告書の作成代も含まれます。その他、調査員の人件費や調査期間の長さに比例して高くなることが多いので注意してください。
    少しでも安く抑えたい場合は、自分でできる限りの不倫の証拠を集めることが重要です。密会している曜日・時間・場所まで特定できていれば、短期間で確実な証拠を得られるでしょう。
  7. 探偵事務所を選ぶ際のポイント
    探偵事務所は、大手から個人までさまざまにありますが、まずは不倫調査に実績のあるところを選ぶことが重要です。
    せっかくお金をかけて依頼をしても有力な証拠が入手できなかったら意味がありません。
    信頼できる探偵事務所の特徴は以下の通りです。
  • 公安委員会に探偵業の届け出をしている
  • 無料相談見積もりがある
  • 料金体系を明示してくれる
  • 調査報告書や写真のサンプルがある
  • 契約書に具体的な調査内容やイレギュラーな事態への対応策が記載されている調査に使用する機材や車両が充実している

そのほか、成功報酬型の不倫調査の場合は、どの時点で成功とみなすのか事前に細かい打ち合わせが必要です。納得のいく説明をしてくれる探偵事務所を選びましょう。

 

5.まとめ

 

今回は、旦那の不倫を見破る方法や証拠集めの方法、探偵事務所に依頼するメリットや選び方についてお話しました。
不倫調査は、被害者である妻が単独で行うには、確実な証拠入手までに時間や労力がかかり、心身共にダメージも大きいです。
以下のような思いが強い方は、とくに探偵に依頼することをおすすめします。

  • 不倫相手の女性に慰謝料を請求したい
  • 有利な証拠を入手して離婚したい
  • 不倫の事実をはっきりさせたい
  • 近所の人に知られたくない

苦しむ時間を最小限にして、しっかりと不倫に対する罰を与えたいとお考えの方は、プロの手を借りて今後の最善策を検討してみてはいかがでしょうか。

なぜ「浮気された側」が自信をなくし傷つかなきゃならんのか/なったん

 

少しでも調査をご検討の方は、ご連絡ください。
弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。
お気軽にお問い合わせください。

1分簡単 オンライン診断↓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓
soudan@una-tan.com

電話でご相談↓
0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓
お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓
浮気調査

調査料金のページはコチラから↓
調査料金

うな探偵社は、
ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。
弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

関連記事

この記事へのコメントはありません。