<浮気調査>最近旦那がそっけなくなったと感じているあなたへ

ALL 浮気調査

<浮気調査>最近旦那がそっけなくなったと感じているあなたへ

最近旦那がそっけなくなったと感じているあなたへ

「最近旦那がそっけなくて」
「結婚したら、恋人だった時のようにラブラブではいられないとはわかっていたけど、一般的な夫婦の関係って、こんなに冷めたものなのかしら」
そんな悩みを抱えている、あなた。実は同じような悩みを抱えている人って多いんです。
実際どんな時に、妻が旦那の態度をそっけなく感じるのか、例をあげて説明してみましょう。

目次

1.旦那のどんな態度をそっけなくなったと感じるのか
1-1.会話がなくなった
1-2.スキンシップがなくなった
1-3.ラインやメールが業務的
1-4.一緒に出かけてくれない
1-5.記念日を忘れる
1-6.笑顔がなくなった
1-7.約束を忘れる
2.なぜ旦那はそっけなくなったのか
2-1.興味がない、つまらない
2-2.妻へのストレス
2-3.異性として見られなくなった
2-4.純粋に忙しい
2-5.悩みがある
2-6.浮気
3.もし旦那がそっけなくなった理由が浮気の可能性が高いならどういう対応を取るべきか
3-1.自分磨き
3-2.旦那への態度を改める
3-3.共通の友人を攻める
3-4.旦那が浮気をできない環境を作る
3-5.感づいていることを匂わせてみる
4.まとめ
4-1.それでも旦那が浮気をやめないなら
4-2.最後に

 

1.旦那のどんな態度をそっけなくなったと感じるのか

 

奥さんが「旦那が最近そっけなくなった!」と感じる事例をあげていきます。

1-1.会話がなくなった

 

「付き合っていた時や新婚の頃は、些細な話題で盛り上がり、飽きることなくずっとおしゃべりをしていました。特に電話口だと、時間を忘れて話し続けているうちに、気がつけば深夜になってしまった、なんてこともしょっちゅう。それなのに、いつの頃からかすっかり会話がなくなり、朝から挨拶くらいしか会話をしてないなんて日も珍しくなくなって。こちらから一生懸命話しかけようとしても、旦那の反応がそっけなくて、二言三言で会話が終わったりするので、だんだんこちらから話しかけることもなくなりました」

会話はコミュニケーションの基本。

「付き合いが長くなって、会話をしなくてもわかり合えるようになった」なんて見方もできなくはないですが、やっぱり会話のない生活は味気がないもの。
元々コミュニケーション能力が高く、会話上手だった旦那さんならなおさら、会話の頻度が減ると、妻側は「旦那がそっけなくなった」と感じてしまいます。

 

1-2.スキンシップがなくなった

 

「結婚してからも、恋人時代のように一緒に手をつないで歩いたり、『行ってらっしゃい』や『おやすみ』のキスをしたり……そんなスキンシップが多いラブラブ夫婦に憧れていました。けれど、子どもが生まれて以降、そういった機会がめっきりなくなってしまって。先日子どもを実家に預かってもらって、久しぶりに旦那とお出かけをしたのですが、手をつなごうとしたら『いい年して恥ずかしい』と嫌がられてしまいました。以前みたいに旦那と密なスキンシップをとる機会は、この先ないのかなあ」

夫婦生活が長くなると、段々互いを異性としてみられなくなり、スキンシップをとることが恥ずかしくなってしまったりします。
いつまでも恋人気分を味わいたい妻からすると、勇気を出してこちらから仕掛けたスキンシップを拒絶されたら、「旦那がそっけなくなった!」と泣きたくもなりますよね。

 

1-3.ラインやメールが業務的

 

「最近旦那が私のラインに既読スルーしかしないので、喧嘩になりました! 旦那曰く『既読がつけば、読んだことはわかるからいいだろう』『別に返事が必要な文面じゃないし』とのことだったのですが……そういう問題じゃなーい! 付き合っていた頃は、マメにラインをくれて、いつやり取りを終わらせればいいのかわからないくらい、たくさんメッセージを送りあっていたのに、あんまりです。釣った魚にエサをやらないっていうのはこういうことなんだろうなーと思いつつ、今日も旦那に『返事は?』と怒りのスタンプを送りつけています」

いつでも家で話せる分、結婚してしまうと恋人時代に比べてラインやメールの頻度が減り、たまにやり取りをしても業務的なものになりがち。
そうは言っても、一生懸命打った文章を既読スルーされれば、相手が旦那だとしてもショックは大きいですよね。そっけなくなった旦那の反応と、昔の熱烈なやり取りを見比べると、「年月が旦那を変えてしまった」と切なくなってしまいます。

 

1-4.一緒に出かけてくれない

 

「少し前までは時間を見つけては、一緒に色んな所へ出かけてくれたのに、最近はすっかりご無沙汰に。休日に私がデートに誘っても、『休みの日くらい好きなことをさせろ』なんてそっけなく返されて悲しいです。旦那と私の趣味は合わないので、仕方ないのかもしれませんが……昔は『君と一緒だと、興味がないことでも楽しいよ』なんて言ってくれたのに! 旦那が付き合ってくれないので、おひとり様を極めつつある今日この頃です。せめて一か月に一度だけでも、一緒に出かけてくれればいいのに」

恋人時代は興味がない場所でも、気を遣って一緒に出かけてくれていた優しい旦那さんも、結婚期間が長くなると、段々自分の気持ちを優先しがちに。行きたくない場所に無理をしてでも行けと言うのは酷かもしれませんが、それでも休日はずっと別々というのもさみしいですよね。
せめてスーパーに買い出しに行く時くらい、一緒に付き合ってくれればいいのですが。それすら面倒くさがって断るような旦那さんには、嫌味の一つも言ってやりたくなります。

 

1-5.記念日を忘れる

 

「旦那に結婚記念日を忘れられて、ショックを受けています……。付き合っていた頃は、毎月のように何かしらの記念日を見つけてはプチお祝いして盛り上がっていたのに、年月って人を変えるものなのですね……。『昔は色んな記念日をお祝いしていたのに、ずいぶんそっけなくなったね』と旦那に嫌味を言ったら『あれはお前を喜ばすために無理をしていたんだ』と、不機嫌そうに返されて。来月は私の誕生日なのですが、忘れられてないか心配です」

カップルにとって色々な「初めて記念日」は、言葉に出してお祝いするだけで盛り上がる特別なもの。けれどいったん夫婦になってしまえば、日々の生活に追われてついつい忘れがちになってしまいます。
夫婦両方があまり気にしないタイプならいいのですが、片方だけが気にするタイプだと、どうしても愛情がなくなったと疑ってしまいますよね。
せめて誕生日や結婚記念日くらいは、忘れずにちゃんとお祝いして欲しいものです。

 

1-6.笑顔がなくなった

 

「くっきりとえくぼが出て、目じりに皺がよる彼の笑顔が大好きで、結婚を決意しました。それなのに、最近はいつも疲れたような表情をするばかりで、笑顔なんてめったに見せてくれなくなって。お笑い番組を見ている時なんかはたまに笑ったりもするのですが、私が話しかけた途端、すぐに疲れたような表情に戻ってしまいます。そっけなくなった旦那の反応が切ない一方で、旦那のメンタルの状態がただただ心配です」

笑顔は好意のわかりやすいバロメーター。会話がなくなったとしても、一緒にいる旦那がいつも笑顔でいたら、「旦那が最近そっけなくなった」なんて思わないはず。
もともと表情の変化が少ない旦那さんなら、多少笑顔を見る機会が減ったとしても問題はないように思えますが、いつも笑顔だった旦那さんの笑顔がなくなったら要注意です。

 

1-7.約束を忘れる

 

「ずっと前から、この日に一緒に映画に行こうと約束していて、チケットも手配していたのに、当日になっていきなりドタキャンされました。しかも急な用事が入ったとか、そういうことではなく、ただ忘れてパチンコに行っただけ! 帰ってきた旦那に追及したら、忘れていたと平謝りされたのですが、前日にも映画のこと話をしたはずなのに、あり得ません。結局映画は一人で見に行きましたが、旦那の分のチケットの代金は、キャンセルすることもできず無駄金に。腹が立ったので、おごってあげる予定だった旦那の分のチケット代は、旦那に払わせました」

前々からしていた約束を忘れられると、腹が立ちますよね。他の用事は忘れないのに、自分との約束だけ忘れられるような場合は、よけいに。
「この人は私のことを軽視してるんじゃ」なんて、つい疑いの目を向けてしまいます。

 

2.なぜ旦那はそっけなくなったのか

 

奥さんが「旦那が最近そっけなくなった!」と感じる事例をあげました。
次は旦那さん側の視点から考えてみましょう。

2-1.興味がない、つまらない

 

「いつもだらだらと、興味のないうわさ話をされてつまらないから、妻とは会話をしたくない」
「恋人時代は行きたくないデートも付き合っていたけど、結婚したんだから休日は好きなことをさせて欲しい」
「記念日だとか、正直どうでもいい」

恋人期間は良い恋人でいようと頑張っていたことを、夫婦になったとたん嫌になってしまった可能性があります。そっけなくなったように見えて、実は旦那さん側からすれば、自分の気持ちに正直になっただけなのかも。
ある意味でこれは、旦那さんがあなたに甘えている証拠。ずっと恋人気分でいたい奥さんには寂しいかもしれませんが、責めたところで旦那さんのストレスになるだけなので、旦那さんの気持ちを汲んで受け入れてあげるのも一つです。
まずは旦那さんの好きそうな話題を振ってみるなどして、お互いが納得いく落としどころを見つけましょう。

 

2-2.妻へのストレス

 

「いつも些細なことでぐちぐち言ってきて、一緒にいるとちっとも安らげない。できるだけ関わる時間を減らそうとしたら、ついつい対応がそっけなくなってしまう」

これは奥さん側に問題があるケースです。知らず知らずのうちに、あなたの旦那さんへの対応が、旦那さんを追いつめてしまっているかもしれません。
「旦那がそっけなくなった!」「きっと私への愛情がなくなったんだ!」と旦那さんの仕打ちを嘆く前に、自らの旦那さんへの接し方を振り返ってみましょう。改善できなければ、本当に旦那さんの愛情がなくなってしまうかもしれません。

 

2-3.異性として見られなくなった

 

「結婚して子供ができてから、どうしても妻のことを異性として見られなくなってしまって。結婚生活に満足しているし、家庭を守るうえではとても頼りにしているけど、恋人時代のように接することは難しいです」

結婚生活が長くなると、恋人同士の時のようなときめきを維持するのは難しいもの。そうなると、スキンシップはどうしても以前より少なくなってしまいます。
お互いがお互いを異性としてではなく、一緒に家庭生活を営む仲間として尊重できれば、それはそれで一つの夫婦のあり方かもしれませんが、いつまでも異性として見てもらいたい妻からすれば辛い状況。
化粧や身だしなみに気をつけたり、ダイエットをしたりして、旦那に再び異性として見てもらえるように頑張るしかありません。昔のような若さがなくなったとしても、年を重ねたことで得た教養は、あなたに魅力を与えてくれるはず。「もう若くないのだから仕方ない」なんて諦めずに、自分を磨いてみましょう。

 

2-4.純粋に忙しい

 

「仕事が忙しすぎて、妻に構っている余裕がない。……そっけない態度をとってばかりで、妻には申し訳ないのだけど」

人間忙しくなると、どうしても周囲を気遣う余裕はなくなってしまうもの。この場合は、疲れた旦那さんを優しくサポートして見守ってあげましょう。「最近そっけなくなった!」と責め立てるのは、旦那さんをよけいに疲れさせて追いつめるだけです。
繁忙期が過ぎた頃に「あの時は余裕がなくてごめんね」なんて、元の優しい旦那さんに戻ってくれるかもしれません。あまりに追いつめられているようなら、そっと転職をすすめてあげましょう。

 

2-5.悩みがある

 

「会社の業績が悪く、上から業績改善案を出すように言われていて、いつもそのことで頭がいっぱいで。会社がつぶれてしまったら、転職先を探さないといけないし。だったらいっそ、会社がつぶれる前に見切りをつけて転職活動をした方がいいのかもしれない。でも、この不景気で、仕事口があるかどうか。……最近はそんなことばかり考えているせいで、ついつい妻の話を聞き流してしまいます」

忙しい場合同様、家庭以外の悩みがある場合も、周囲の人を気遣う余裕はなくなってしまいます。
旦那さんが悩みを聞いて欲しいタイプの人ならば、静かに話を聞いてあげて、そっとしておいて欲しいタイプの人ならば、そっと見守ってあげましょう。
悩みが解決すれば、きっと今まで通りの旦那さんに戻ってくれるはずです。

 

2-6.浮気

 

「特別妻に対して不満はなかったのですが、先日高校時代の後輩と偶然再会して。お酒が入っていたこともあり、ついつい誘われるがまま男女の関係に。そのまま不倫関係がはじまったのですが、こうなると駄目ですね。不倫相手と過ごす時間が楽しすぎて、妻と過ごす時間が段々苦痛になってきて。あまりそっけなくし過ぎると、浮気がばれるんじゃないかと気をつけてはいるのですが、無意識のうちに不倫相手と比較してしまって、妻に冷たい態度をとってしまいます。最近ではいっそ不倫がばれて、妻と離婚した方が、堂々と不倫相手と交際できて良いかもしれない、なんてことまで考えてしまって。子どもは可愛いので、手放したくはないのですけどね」

一番最悪な、旦那がそっけなくなった原因です。現在進行形でラブラブな不倫相手がいれば、そりゃあ長年連れ添った妻に対する態度はそっけなくもなりますよね。
不倫がばれないように、わざとらしく妻のご機嫌をとっているような場合は、不倫相手との関係は遊びの可能性が大ですが、そっけない態度で妻をないがしろにしている場合は、離婚も視野に入れている可能性もあるので要注意です。

 

3.もし旦那がそっけなくなった理由が浮気の可能性が高いならどういう対応を取るべきか

 

「旦那がそっけなくなったのは、きっと浮気が原因だ」
「何とかして浮気をやめさせたい」

そんな時は、一体どうすればいいのでしょう。

 

3-1.自分磨き

 

「結婚してから日々の生活に追われて、女性としての意識が欠如していたと反省し、自分磨きを頑張りました。ダイエットに化粧、家事のレベル上げに、資格の取得などなど。色んなことを一生懸命頑張っていたら『最近ママ、生き生きしているね!』なんて、娘にも褒められて。だんだん変わっていく私の様子に離婚の危機を感じたのか、旦那も『最近すごく綺麗になったね』『綺麗過ぎて別の男に言い寄られないか心配だよ』なんて言って、すり寄ってきて。こっそりスマホをチェックしたら、どうやら浮気相手とも別れたみたいです。今まで散々浮気で傷つけられた分、これからはせいぜい旦那を振り回してやろうと思います」

不倫相手より魅力的になって、旦那を見返してやるパターンです。心にやましい所のある旦那さんなら、変わっていくあなたを見て、「もしかしたら捨てられる?」なんて焦りを感じることでしょう。
もし努力が報われずに離婚になってしまったとしても、自分磨きをがんばったことは、その後のあなたの糧になります。旦那さんよりずっとずっと幸せになって、見返してやりましょう。

 

3-2.旦那への態度を改める

 

「旦那の浮気を知って怒り狂ったのですが、旦那が浮気する原因を作ったのは私の日頃の態度が原因かもしれないと思い、考えを改めました。子どもが生まれてからは、子どものお世話に追われるあまり、つい旦那への態度がぞんざいになっていたんですよね。旦那がそっけなくなったと責めてばかりいましたが、最初にそっけなくなったのは私の方でした。反省して、家で旦那が安らげるように努めたら、ぴたっと浮気がなくなりました。居場所がなくてさみしかったんだな、と気づいた今となっては、もう旦那を責めるつもりはありません。少しずつ、夫婦関係を再構築していきたいと思います」

浮気の原因が、あなた自身にあった場合です。浮気は許されない不貞行為ですが、家庭に居場所がない旦那さんが、他人に居場所を求めてしまう心理はわからなくもありません。
離婚を望んでいないならば、あなた自身が変わるしかありません。子どもだけじゃなく、旦那さんのことも常に気にかけてあげましょう。案外ちょっとしたことで、旦那さんは浮気をやめて、誠実な旦那さんに戻ってくれるかもしれません。

 

3-3.共通の友人を攻める

 

「直接私が何か言ったら、逆ギレされてはぐらされると思ったので、共通の友人に相談してみることにしました。友人は、旦那とは昔からの幼馴染で、旦那が誰より信頼している人。私の話を聞いた友人は、私から聞いたということを隠して、旦那に浮気について聞いてみると約束してくれました。旦那は友人から浮気を指摘されても最初はとぼけていたようですが、問い詰められて浮気の詳細を自白。信頼している友人から長々説教されて、反省したみたいです。不倫相手とも切れ、家庭をとても大切にしてくれる良き夫になってくれました。旦那を諭してくれた友人には、感謝しかありません」

夫婦だけでは解決できない場合、信頼できる第三者を間に挟んでみるのも一つの手段です。その場合は、旦那さんの味方になって追い打ちをかけられたりしないよう、中立の立場で意見をくれる公平な人を選びましょう。あなたの味方になり過ぎる人の場合も、旦那さんからすれば逆効果になる場合があります。
外聞を気にするような旦那さんの場合は、友人に不倫の事実を知られたこと自体が抑止力になり、その後は不倫を自重してくれるようになるかもしれません。

3-4.旦那が浮気をできない環境を作る

 

「旦那が休日勝手に出かけても、どれほど家に帰るのが遅くなっても、何も言わずに旦那のしたいようにさせていたことが、浮気の原因の一つだったんですよね。旦那の浮気が発覚し、大喧嘩して以来、旦那のスケジュールを徹底的に管理することにしました。当然旦那は文句を言ってきましたが、不倫した過去を引き合いにだして黙らせました。一緒に過ごす時間が長くなるので、最初は私の方もストレスを感じていたのですが、段々距離感をつかめるようになってきて。今ではお互い空気のような存在になり、旦那も『家にいるのが一番楽だ』なんて言っています」

旦那さんのスケジュールを管理して、浮気する時間を与えないようにする方法です。旦那さんから猛反発される可能性が高いので、前科があるような場合じゃなければなかなか実行は難しいかもしれません。
旦那さんの息がつまり過ぎないような、賢い環境作りが大切になってきます。

 

3-5.感づいていることを匂わせてみる

 

「うちの旦那はびびりなので、私が浮気に感づいていることを匂わせたら、あっさり浮気をやめました笑 それとなく『社内不倫した〇〇さん家のご主人、会社にも不倫がばれてクビになりそうなんだって』『まあ、あなたには関係ない話だとは思うけど。……そうそう。浮気が原因で離婚した場合、慰謝料って300万円くらいになるらしいけど。旦那くんも、それくらいは貯金あるよね?』って話題に出してみただけなんですけどね。不倫相手から慰謝料をぶんどってやれなかったことは残念ですが、今後の旦那との関係を考えて、今回限りはなかったことにしてあげようと思います。もし次があれば、その時は不倫相手からも旦那からも徹底的に慰謝料を搾り取ってやるつもりですが」

気が弱い旦那さんには、有効な手段です。要領がいい旦那さんの場合、いったん浮気相手と切れたとしても、またそのうち関係が再開する可能性もあるので要注意。また、旦那さんの気が弱過ぎる場合、不倫相手に押し切られて、関係を清算できないなんてケースも。
旦那さんが態度を改めたとしても油断はせず、きちんと旦那さんの動向を観察しましょう。

 

4.まとめ

 

それでも旦那が浮気をやめなかった場合どうしたらいいのかまとめます。

 

4-1.それでも旦那が浮気をやめないなら

 

「私ができる対応は全部やってみたけど、それでも旦那が浮気をやめない!」
「最悪離婚になってもいいから、とにかく旦那に制裁したい!」

そんなあなたには、旦那さんや不倫相手を訴えて慰謝料をとることをおすすめします。

完全に開き直っている旦那さんの場合、慰謝料という直接的な制裁がなければ、自分がした行為の重大さを理解しません。

不倫相手に対しては、職場に内容証明を送ったりすることで、社会的に制裁をくわえることもできます。
うまくいけば慰謝料&職場ばれの二重の制裁に怒った不倫相手が、旦那さんに怒りを向け、内輪もめしてそのまま別れてくれる可能性もあります。
けれど、訴えるためには、旦那と不倫相手が肉体関係を結んだ決定的な証拠が必要となってきます。

日本の法律上、不倫を「不貞行為」とみなすには、肉体関係の事実が不可欠だからです。
また、不倫相手の素性がわかっていない場合、不倫相手に慰謝料を請求することはできません。
近所の奥さんや共通の知り合い、旦那の職場の同僚なんかである場合は、素人でも素性の特定は可能ですが、そうじゃなかった場合は大変です。最近はプライバシーに対する意識が高くなっている分、昔以上に素人の素性調査は困難になってきています。

なのでそのような場合は、プロの探偵に依頼することをおすすめしています。

何十、何百件と依頼をこなしてきたプロの探偵ならば、当然どのくらいの証拠を集めれば浮気を立証できるかも、きちんと把握しています。
あなたの旦那さんや、旦那さんの不倫相手に気取られないように、ターゲットを尾行して、不倫の事実を立証できるだけの確実な証拠を収集してくれるはずです。
また、素性調査もまた、探偵の得意分野です。様々な専門知識を駆使して、合法的に不倫相手の素性を探ってくれます。特に不倫相手が、旦那がネットを通じて知り合ったような、接点を見つけにくい相手の場合、プロの技術に頼らなければ素性の特定は非常に困難です。
探偵に頼って十分な証拠を集めてもらった後は、弁護士さんに頼りましょう。そうなったらいよいよ、訴訟の段階に移ることができます。

旦那さんとの関係の再構築を求めている場合、探偵に不倫の証拠を集めてもらって慰謝料を請求するという行為は、かなりの荒療治になります。
知りたくなかった旦那さんの一面を見てあなた自身が幻滅する場合もありますし、厳しいあなたの対応を見て旦那さんの心がますます離れていく場合もあります。
いったんは旦那さんも反省をして心を入れ替えたとしても、裁判の時のあなたの厳しい対応を根に持ち、結局は離婚してしまうなんてケースも。
けれど、この方法が一番旦那さんに痛手を与えることができることは確かです。なあなあで済ませるよりも、荒療治で膿を出し切ってしまう方が、結局は後々の為になることもあります。
旦那の不倫を裁判で訴えることは、関係の再構築を求める妻にとっては最後の手段であり、最後の賭けでもあるのです。

 

4-2.最後に

 

あなたが「旦那がそっけなくなった」と感じる場合、そこにはたくさんの理由と、原因があることを説明しました。

もうしかしたら理由も原因も、一つだけではなく、複合的に重なって、今に至っているのかもしれません。
もしあなたがより良好な夫婦関係を求めているのなら、「結婚すればそんなもの」なんて思考放棄をするのではなく、旦那がそっけなくなった原因をきちんと突き詰めてみてください。そして、あなたの対応で状況を変えられないか、試行錯誤してみてください。
そしてあなた自身ではどうにもならないと結論が出たら、探偵を頼りましょう。再構築できずに離婚に至った場合でも、訴訟で勝ち取った慰謝料は、あなたが新しい人生をはじめるうえで重要な準備資金になってくれます。
「いつかきっと時間が解決してくれるはず」なんて現実逃避をしていたら、不貞行為の証拠を隠滅した旦那さんから、離婚を突きつけられる可能性だってあります。

そうなる前に、戦う準備を済ませておきましょう。厳しい戦いになるかもしれませんが、あなたは一人ではありません。優秀な探偵が、あなたの味方になってくれるのですから。

この記事を読んだことで、「最近旦那がそっけなくなった」と感じているあなたにとって、最良な解決策が見つかることをお祈りしています。

少しでも調査をご検討の方は、ご連絡ください。
弊社では、ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。
お気軽にお問い合わせください。

1分簡単 オンライン診断↓
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓
soudan@una-tan.com

電話でご相談↓
0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓
お問い合わせフォーム

浮気調査のページはコチラから↓
浮気調査

調査料金のページはコチラから↓
調査料金

うな探偵社は、
ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。
弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。