浮気症な旦那と離婚を検討している方へ

更新日:

浮気旦那 離婚

浮気性の旦那にほとほと愛想がつき、離婚を考えているなんて方。
せっかく離婚するならば、今まで旦那の不倫に悩まされていた分も、できるだけ高額な慰謝料をぶんどってやりたいですよね。多額の慰謝料を請求してやることは、不倫旦那に対して許される数少ない合法的な復讐手段です。容赦なく、尻の毛までむしり取る勢いで追及したいところ。
とはいえ、さすがに慰謝料には相場があり、法外な金額を請求してそれが通ることは稀です。では相場の上限ぎりぎりまで請求する為には、一体どのような条件を満たせばいいでしょうか
今回の記事ではその辺りについて、説明しておきます。

1. 離婚の際の慰謝料の相場

一般的に離婚の際の慰謝料の請求といえば、不倫が原因での離婚がイメージされがちですが、実際のところ不倫以外が原因の場合でも慰謝料を請求できる可能性はあります。
一方的なセックスレスが原因の離婚の場合の慰謝料は0~100万円程度。
DVが原因の離婚の場合の慰謝料は50~300万円程度。
正当な理由のない同居の拒否や、生活費の支払い分担の拒否などは50~300万円程度。
そして不倫が原因での離婚の慰謝料の相場は、100~500万円程度と言われています。

不倫に加えて上記の原因がある場合も慰謝料が増額できる可能性はありますので、当てはまった際は証拠を集めたうえで弁護士に相談してみてください。
離婚の原因の中でも不倫が原因の場合は、特に慰謝料の相場は高く設定されていますが、それにしても100万円と500万円じゃ大違いです。同じ不倫であるのに、それだけ差がついてしまうのは何故でしょうか。

2. 慰謝料が多くなるケース

 

2-1.不貞行為前の夫婦仲が円満

離婚の原因が不倫であると主張する為には、配偶者が不貞行為を行う前の夫婦仲が円満であったことを証明しなければなりません
もし不貞行為前の夫婦仲が険悪であれば、配偶者が行った不貞行為はその結果であり、直接の離婚の原因は夫婦仲の悪さであるとみなされて慰謝料が減額されてしまうかもしれないからです。
日記や記念写真、仲の良い旦那とのメッセージのやり取りや、一緒に映った旅行の動画など、配偶者と夫婦仲が円満だったことを示せる証拠があれば保管しておきましょう

2-2.婚姻期間が長い

婚姻関係が長ければ長いほど、配偶者が不貞行為を行った際の精神的苦痛は大きくなると考えられるため、慰謝料が請求できる額も多くなります。
夫婦間に子ども、特に未成年の子どもがいる場合は、さらに慰謝料が高額になる傾向が高いです。
婚姻期間の証明も、子の存在を示すことも難しくはないので、これは慰謝料を釣り上げる際の材料として頭にとめておくらいで大丈夫です。

2-3.不貞行為の期間が長い

婚姻期間と同様に、不貞行為の期間も長ければ長いほど精神的苦痛が大きくなると考えられ、請求できる慰謝料の額も多くなります
また、単純な長さだけではなく、結婚期間に対する不貞行為の比率が高いかどうかも基準になりますので、新婚早々浮気された場合でも慰謝料を多く請求できる可能性はあります
ただ過去にさかのぼって性行為を行っている決定的な場面の写真などを確保するのは難しいので、不貞行為の期間を証明する為には、不倫相手とのメッセージのやり取りの履歴や配偶者の自白などの証拠が必要になってきます。配偶者をうまく誘導して、正確な不貞行為の期間とその証拠を手に入れましょう。

2-4. 不貞行為の主導者が配偶者

一般的にどんな罪でも主犯の方が従犯より罪が重くなるものですが、不貞行為も例外ではありません。配偶者が積極的に不貞行為を行っていたか、不倫相手に逆らえなくて不倫をしてしまっただけか。どういう状況で不倫に至ったかも、慰謝料を請求するうえでは重要になってきます。
もちろん配偶者の慰謝料として請求できなかった分を、不倫相手の慰謝料に上乗せすれば同じことですが、状況によっては旦那には請求できても、不倫相手からは慰謝料を請求できない場合もあるので気をつけましょう

2-5. 不貞行為の事実を否認した

「俺は不倫なんかしていない! 冤罪だ!」と配偶者が主張し続けた後に、決定的な不倫の証拠が出てきた場合。不貞行為に対する反省がないとして、請求できる慰謝料が多くなることがあります
相手に好き勝手言われていると、すぐにでも証拠を突き付けて黙らせたくなるところですが、慰謝料を多めに請求したい時はぐっと我慢。こっそり録音するなどして、相手がしらばっくれようとしていた証拠を確保したうえで、慰謝料請求の準備を進めましょう。

3. 慰謝料が少なくなるケース

2では慰謝料を多く請求できるケースを紹介しましたが、逆に減額されてしまうケースもあります。いくつか紹介します。

3-1.離婚をしない

離婚をしなかったとしても、配偶者の不貞の事実があれば慰謝料を請求することができますが、その場合の慰謝料の相場は50~200万円程度。離婚した場合の1/2以下です。また、夫婦関係を継続するのだからと言って、支払いがなあなあになってしまう可能性もあります。
「別れたくない」と縋られれば、ついついほだされてしまうかもしれないですが、冷静に考えてください。配偶者が別れたくないのは、慰謝料を支払いたくないからじゃないですか? あなたを愛しているからじゃなく、ただ単に今の生活を捨てたくないだけではありませんか?
人間そう変わりません。喉元過ぎれば熱さを忘れるという言葉があるように、浮気症の人は落ち着いた頃にまた浮気を繰り返す可能性が高いです
「あの時離婚をして、もっと多く慰謝料を請求していれば!」なんてことにならないよう、じっくり検討したうえで、離婚するかどうかの結論を出してください。

3-2.不貞行為前の夫婦仲が険悪

不貞行為前の夫婦仲が悪く、特にあなた主導で長期間セックスレスだったり、単身赴任でもないのに別居状態だった場合。既に夫婦関係は破綻していたとみなされ、慰謝料が減額されてしまうおそれがあります
鶏が先か、卵が先かという言葉がありますが、こういったものの前後関係を証明するのは難しいです。実際は旦那の不倫を察して夫婦関係が悪化していたとしても、配偶者が不倫開始の時期を誤魔化して「夫婦仲が悪く、家に居場所がないから不倫をした」と被害者ぶり、慰謝料の減額を要求してくるかもしれません。
できればいつから不倫がはじまったかを証明できるような証拠を確保しておきたいですし、まだ証拠がない段階では表向きだけでも仲が良い夫婦のふりをしておきたいところ。
配偶者の不倫を疑っている状態で友好的な態度を取り続けるのは辛いとは思いますが、いつか慰謝料を請求する日の為に、今しばし辛抱しましょう。

3-3.不貞行為が単発もしくは期間が短い

一回だろうが百回だろうが、不倫は不倫。そう言いたいところですが、残念ながら慰謝料を請求するうえでは、不貞行為の回数や期間は重要になってきます
具体的には不倫期間が半年以内、肉体関係を持った回数が10回以内程度だと、それほどの精神的苦痛は負ってないと判断されて、慰謝料が減額されてしまうかもしれないのです。
もちろん10回以上肉体関係を持った確実な証拠を確保するのは難しいので、ある程度は裁判官の判断にゆだねられる可能性は高いですが、せめて期間に関してははっきりとした証拠を押さえておきたいところです。
もし配偶者のスマホのやりとりなどから、まだ不倫相手との不倫期間が半年以内だとわかった場合。証拠を確保した後も敢えて泳がせて、不倫期間が半年以上になるタイミングを待ってから慰謝料を請求するのも一つの手です。

3-4.不貞行為の主導者が不倫相手

不貞行為の主導者が不倫相手ならば、そちらに請求する慰謝料が増額するだけと思われるかもしれませんが、2でも記載した通り、不倫相手から慰謝料を請求できない場合もあるので要注意です。
確実な不倫の証拠があったとしても、名前や住所がわからない素性不明の相手に慰謝料を請求することはできません。不倫相手の個人情報をどうにかして把握する必要があります。不倫相手が旦那の職場の同僚などの場合は、素性の特定はそう難しくはないですが、出会い系サイトを通して知り合った相手だったりしたら、途端に調査の難易度が上がってしまいます。
探偵に依頼するなどしてせっかく現住所を特定したとしても、訴えられることに気がついた途端、引っ越してどこかへ雲隠れしてしまうなんてことも。また相手の経済状況がわからない以上、蓋を開ければ不倫相手に請求した慰謝料を支払える能力がなくて、結局訴え損になってしまう可能性もあります。残念ながら、どれほど相手が悪かったとしても、ない袖は振ってもらえないのです。
その点配偶者は素性がはっきりしているうえに、ある程度経済状況もわかる分、慰謝料を請求しやすいです。本人に支払い能力がない場合は、義実家に訴えかける方法も取れます。腹立たしいですが、そういった意味では旦那の過失がより大きい方がありがたいかもしれません。

4. できるだけ多くの慰謝料を勝ち取るためには、探偵と弁護士に依頼しよう

慰謝料が多くなるケースをいくつか紹介しましたが、状況次第なところも大きいので、わざと慰謝料が多くなるように仕向けるのは難しいかもしれません。
・不倫をした配偶者が不利になるような証拠を集めて、確保しておく
・不貞期間が半年未満の場合は、少し泳がせて半年以上にする
・離婚を突き付けるまでは、表面上は夫婦円満を演じる

個人の努力で何とかなる部分は、これくらいでしょうか。
慰謝料の増額の方法についてまとめましたが、そもそも大前提として慰謝料が請求できるだけの不倫の証拠を確保しないといけないことを忘れないでください。
慰謝料を請求できるだけの不倫の証拠というのは、配偶者と不倫相手が複数回性交渉を行ったことを示すものである必要があり、たとえばラブホテルに出入りする場面の写真複数回分などが考えられます。張り込みや追跡、写真の撮影技術が必要だったりして、素人がそのような証拠を入手するのは難しいので、個人的にはプロの探偵に依頼することをおすすめしています。
また、どれくらいの証拠でどれくらいの金額を勝ち取れるのか、素人では判断が難しいので、交渉の際は法律の専門家である弁護士に依頼した方が無難です。どれだけ有効的な不倫の証拠を集められたとしても、口先三寸で言いくるめられてしまったら意味がありません。よほど交渉術に自信がない限りはプロに頼りましょう。
プロの探偵や弁護士に依頼すると、当然お金がかかりますが、その分もらえる慰謝料の額も変わってきます。まずは自分で集められるだけの証拠を集めたうえで、探偵や弁護士に費用の相談をしてみてください。
あなたや浮気旦那の状況次第でも、一体どのような形で慰謝料を請求するのがいいのかは変わってきます。お金に余裕があって気が弱い旦那ならば、個人で動いても高額な慰謝料を請求できるかもしれませんし、大嘘を重ねてでも慰謝料を払いたくないような旦那ならば、プロの力添えは不可欠です。あなた自身の立ち回りの上手さや金銭的状況によっても、選択は変わってくるでしょう。
自分で動いた場合のリスクや労力、もらえるであろう慰謝料額と、依頼にかかる費用。全てを天秤にかけたうえで、最善の道を見つけてください。

Supervisor Information

監修者情報 | 金子 玄

慶福法律事務所代表

【出身大学】
慶應義塾大学法学部法律学科・大学院法学研究科修士課程を修了

【経歴】
平成19年 弁護士登録後、複数の都内法律事務所に勤務
平成25年 慶福法律事務所設立

【所有資格】
弁護士(識別番号36627_第一東京弁護士会)・図書館司書資格

関連記事

この記事へのコメントはありません。