離婚の前に知る必要がある慰謝料請求の豆知識!

更新日:

慰謝料請求

パートナーの言動から浮気を確信してしまった皆さんはショックと同時に強い怒りも感じておられると思います。
許せない。慰謝料請求をして罪を償わせてやりたい。
そんなお気持ちになられるのは当然のことでしょう。

しかし、一度深呼吸をしてみましょう。
ちょっとだけ、冷静になってください。
慰謝料がどういったものかご存じでしょうか?
ただの賠償金のことだと思ってはいませんか?
もちろん、賠償金という認識に間違いはありません。ですがそれだけでは認識が甘いんです。
今回は慰謝料に関する正しい知識を皆さまにお伝えさせて頂きたいと思います。

 

1.慰謝料とはいったいなんなのか?

 

ではドラマやニュースで見かけるものでしかない慰謝料とは具体的にどのようなものなのか、説明していこうと思います。

1-1.そもそも慰謝料ってなに?

慰謝料とはどういったものなのでしょうか。
慰謝料とは詳しく言うと「被害者が受けた精神的苦痛による損害を加害者が金銭により賠償する損害賠償保証金」です。
では、精神的苦痛をパートナーに感じていたら慰謝料請求できるのかと言えば、話はそう単純ではありません。
いくら精神的に苦痛を感じて心と身体に多大な損害を受けていたとしても、それが違法なものでなければ慰謝料請求することはできないのです。
つまり何らかの原因で離婚をするとしても、その離婚理由に違法性がないのであれば、必ずしも相手への慰謝料請求が認められるというわけではないのです。
例えば、離婚理由が性格の不一致では、嫁、旦那に対してどんなに強い不快感と多大な苦痛を感じていたとしても、法律に違反することではないために相手に慰謝料請求することはできません。

 

1-2.慰謝料を請求できるのはどんな時?

では慰謝料請求できる場合とはどのような場合でしょうか?
民法によれば身体、自由、名誉を侵された場合に慰謝料を請求できると条文に書かれています。
また文面に書かれていないこと以外でも生命、貞操、氏名、肖像、その他平穏な生活を侵された場合での慰謝料請求は判例で認められています
つまり、嫁や旦那が浮気や不倫をしていて、かつそれが原因で離婚するフォロワーさんのケースであれば、相手に慰謝料請求することは民法で認められているということになります。
また、離婚後においても離婚の成立から3年以内であれば慰謝料を請求できると定められている為、相手が悪かったことを法的に証明する手段があるのであれば、もし仮に離婚してしまった後でも慰謝料請求は可能です。

 

1-3.浮気の定義

では、慰謝料請求のできる浮気とは具体的にどの様に定義づけされているのでしょう?
法的に慰謝料請求が認められる浮気とは不貞行為を指し、これは自分の意思で配偶者以外の異性と肉体関係をもつことを指します
つまり、ただデートに行っただけでは浮気ではあっても不貞行為ではないため、慰謝料請求は出来ないという事になります。
浮気相手と肉体関係があったのかどうか、慰謝料を請求する際にはそこに注目する必要があるのです。

 

2.慰謝料の金額について

 

では請求できるとなると気になるのはその額。
慰謝料請求が出来るからと言っても何億円もの支払い命令が認められることはありません。
それでは、一体幾らまでなら慰謝料の請求が認められるものなのでしょう?

2-1.金額の決め方

まず、請求する慰謝料の金額はどのようにして決めるのでしょうか?
慰謝料請求について請求可能な金額の上限やその計算方法は、特に法律では定められていません。
ですので、浮気による離婚の際には浮気をした嫁、旦那と話し合うことで慰謝料の金額は自由に決めることが普通です
それなら何億円とふっかけられるんじゃないか、と思うかもしれませんが、もちろんそんな額に同意されることはありません。
それどころか、自分が悪いくせに一円だって払いたくないとゴネられる事も決して珍しいことではないために、話し合いでは決着がつかないことも多々あります。
その場合には家庭裁判所に間に入ってもらい調停を行うことで決めることになるのです。
更に、離婚調停でも話し合いが決裂した場合は離婚裁判により慰謝料請求額は確定します
ここでは裁判官が慰謝料金額を裁定するわけですが、ここまでくると慰謝料金額は自由に決めることができなくなるのです。
請求額に上限が定められずとも相場があるのはその為と言えるでしょう。

 

2-2.慰謝料の金額はだいたいいくらくらいなるのか

では具体的に慰謝料の金額はどの程度が相場になってくるのでしょうか?
離婚裁判まで進むと、裁判官は過去の事例とあなたの離婚を照らし合わせ、慰謝料は本当に必要か、必要ならばいくらくらいの金額になるか、などを決定します。
特に着目される項目が以下の4つです。

 

・離婚原因
・原因となった行為の回数、程度
・婚姻期間
・嫁、旦那の経済力

このうち、一つ目の項目である離婚原因により慰謝料の相場はほぼ決まっています。

性行為の拒否:約0〜100万円
DV:約50〜300万円
生活費を渡さない、病気になったのに看護をしない:約50〜300万円
浮気:約100万円~500万円

これから分かるように浮気、不貞行為による離婚は慰謝料の相場が特に高い傾向にあります。
フォロワーさんのように浮気を原因とする離婚であればその相場は100万〜500万である事が分かりますね。

2-3.旦那、嫁の浮気相手に慰謝料請求は出来るのか。

許せないのは浮気をした旦那、嫁だけじゃありませんよね?その浮気相手にだって堪えきれない怒りを持ってしまうものです。
しかし浮気相手に関してはたとえ浮気をしていた事実があろうとも慰謝料が出来ないケースが存在します
それは「嫁、旦那が独身だと自分の身分を偽って浮気をしていた」場合や「脅迫やレイプにより強制的に相手を浮気相手にした」場合など、浮気相手も同様に被害者と見做される場合です。
つまり浮気相手に慰謝料請求するためには、浮気相手があなたの嫁、旦那が妻帯者であることを知りながら、自らの意思で浮気をしていることを証明する必要があります。
なお、裁判になった場合、浮気相手に慰謝料請求できる相場の金額は

 

再構築して夫婦関係を継続する場合:約10万円~100万円
離婚する場合:約100万円~300万円

です。
浮気の証拠を掴めたのなら、浮気相手に対しても遠慮なく慰謝料の請求をしてしまいましょう。

3.裁判で使える証拠について

 

慰謝料を請求する際に欠かせないのが「証拠」です
いくら口で旦那が浮気をしました!嫁が裏切りました!なんて言っても意味はありません。
裁判官を味方につけるのは、相手が悪いと誰が見ても分かるような確固たる証拠。
では、実際に裁判で有効な浮気の証拠にはどんなものがあるのでしょうか?

3-1.弱い証拠

・外泊、朝帰りを示す証拠。
・仕事の都合ではないのに家を出ていき別居している事を表す証拠。
これらはどれも浮気の状況証拠にはなり、浮気をしている旦那や嫁を糾弾する際には有効でしょう。
しかし宿泊や朝帰りが多いというだけでは、遊びに夢中で家庭をおろそかにしているという証拠にはなっても、浮気をしているという決定的な証拠にはなりません。
別居している場合でも夫婦仲が波状しているということの証明にはなりますが、その場合は浮気以外の理由での慰謝料請求となる場合がほとんどで、浮気を証明する証拠としては弱いです。

 

・セクシーな下着の購入履歴。
・身だしなみの変わった事を表す証拠。
これらも浮気相手がいる可能性が非常に高い状況証拠です。この様なサインは浮気を疑うキッカケにもなりますよね。
しかし、これもあくまでも状況証拠。
明確に浮気を示す力はないため、裁判においては決定打になる事はないでしょう。

・スマホを肌身離さず持ちあなたに隠れてなにかコソコソやりとりをしている様子を表す証拠。
怪しい。とても怪しい。
浮気じゃなくても隠し事はあるのでしょう。
しかし、これもまたあと一歩のところで浮気をしていると断定することができません。
もし浮気を断定したいのであれば、コソコソしている様子ではなくコソコソしている理由を確保しなければいけないのです。
それは例えば浮気相手とメッセージツールでやりとりをしている際のスクショ画像などでしょう。
ただ、スクショだけでは裁判は勿論、本人を直接追及する場合でも証拠としては弱いと言わざる得ません。ふざけてやりとりをしていたと言ってしまえば言い逃れできないことはありません。

では、どのようなものが裁判で証拠として使える有効な浮気の証拠になるのでしょうか?

3-2.有効な証拠。

・嫁や旦那が浮気相手と宿泊しているのが分かるホテルの領収書。
・同じくクレジットカードの明細。

通常、ホテルに2人きりでいた事を証明できれば不貞行為があったものと見做されます。つまり、これらの証拠は確実に有効な証拠になるのです。
ただし、よほど几帳面かケチな人間ではない限りこのようなあからさまな証拠は残しません。
有効な証拠ではありますが、確保は困難でしょう。

・嫁や旦那が浮気相手の住む土地まで移動していることを証明するETCの明細。
・嫁や旦那が浮気相手と電話していることを証明する明細。

これらも浮気の証拠として裁判所に提出することが可能です。
これ一つだけで浮気を決定付けるほど強力ではありませんが、十分に不貞行為の存在を示す証拠となるため、他の有効な証拠と合わせて使う事で強力なカードとなるでしょう。

・嫁、旦那が浮気相手とホテルに入る写真
この様な決定的なシーンを証拠として収める事が出来たのであれば、確定的な証拠になります。
嫁や旦那は絶対に言い訳することができません。
しかし、これを押さえることは非常に難しいのも事実で、尾行と撮影に慣れていない素人には不可能と言えるでしょう。

では、どうすればこれらの有効な証拠を確保し、不貞行為を証明して慰謝料請求を成功させられるのでしょうか。

4.探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠写真を撮影しよう!

 

ずばり、その答えは専門家に頼る事です
もし本当に旦那、嫁が浮気をしているのであれば、どんなに警戒してもプロの目を欺くことはできません。探偵であれば素早く、確実な浮気調査により有効な証拠を確保してくれます。
そうなれば相手の言い訳も意味を成さず、たとえ話し合いが決裂したとしても確実に離婚裁判で多額の慰謝料を手に入れることができるでしょう。

勿論、探偵を雇うのには安くない費用がかかります。しかし、浮気による離婚は慰謝料の相場が高いため、慰謝料を払わせることができればその支払いで十分取り戻せる金額です。
どうしても許せない浮気者や、浮気相手に慰謝料を払わせてやるには探偵を雇い、浮気の証拠を確保してもらうのが最も確実な手段でしょう。
もし本気で戦うつもりがあるのなら、浮気調査の依頼を検討してみてください。

Supervisor Information

監修者情報 | 金子 玄

慶福法律事務所代表

【出身大学】
慶應義塾大学法学部法律学科・大学院法学研究科修士課程を修了

【経歴】
平成19年 弁護士登録後、複数の都内法律事務所に勤務
平成25年 慶福法律事務所設立

【所有資格】
弁護士(識別番号36627_第一東京弁護士会)・図書館司書資格

関連記事

この記事へのコメントはありません。