<ストーカ―被害>アナタはストーカーになってしまうのか?ストーカーの見極め方を徹底解説!

ALL 集団ストーカ―

男性でも女性でも誰もが幼少期に憧れを抱いた異性がいたと思います。しかしながら、現在では疎遠になってしまい、連絡を取る手段がないというケースも決して珍しくはありません。今ではSNSやLINEなどを使っていろいろな人に連絡を取ることはできますが、初恋の女の子や同級生がSNSをしていない場合、連絡を取る手段がないのです。そうなれば、もう一度会いたいと思っても、自力では会うことは不可能に近いでしょう。

さて、こんな時アナタならばどうしますか?

目次
1.これから書かれる文章を見てアナタはどう思いますか?
1-1.私が書いてしまったストーカーを煽ってしまう文章がこちら。
1-2.ストーカーになってしまう人間の精神的特徴と先ほどの文章の反省
2.探偵にストーカー調査を依頼する。これが一番の対ストーカー対策!
2-1.自分でできるストーカー対策は貧弱、警察もあまり頼りにならないのが現状。
2-2.探偵にストーカー調査を依頼して証拠をつかめば一件落着!

 

1.これから書かれる文章を見てアナタはどう思いますか?

 

私は初恋の人に会いたいという方に向けて、こんな時は探偵を利用しようと呼びかける記事を書いていました。しかし途中で見直しとんでもない事に気づきました。なんとストーカーの気持ちに沿った文章なっていたのです。

初恋の人にもう一度会いたいという気持ち自体は、誰にでもありますし、その為に探偵に調査依頼をすることも素晴らしいことです。しかし、私が書いた文章は余りにも異常でした。

ストーカーになりやすいのはどんなタイプ?その特徴と心理を徹底解説

 

1-1.私が書いてしまったストーカーを煽ってしまう文章がこちら。

 

楽しかった思い出、好きな人と関わった経験というのは、幼少期であっても決して忘れることができない淡い思い出です。何歳になっても、その時の感情や思い出は消えず、もう一度そのときを思い出したいと思うのではないでしょうか。現在30代の私も、小学生のときに好きだった女の子にもう一度会いたいと思うことがあります。もっと話したい、あのときなぜ告白しなかったのだろうという感情があり、できることなら再び会って話したいと思うのは当然の感情ではないでしょうか。

 

それでも、連絡を取る手段がなければ、会って話すことができません。好きだった同級生にもう一度だけ会いたいという人は世の中にたくさんいるでしょうし、やはり、小さいときの良い思い出というのは、大人になっても決して消えることがないのです。特に好きな女の子のことならば、なおさらそうでしょう。一緒に帰った思い出、一緒に遊んだ思い出、ケンカした思い出など、さまざまなことがあったはずです。

 

何十年経過した今でも、そのときの記憶が蘇って、まるでつい最近の出来事のように頭の中に描かれています。初恋のあの人は今どこでどのような生活を送っているのか、それはとても興味があります。幸せで過ごしているのか、今結婚しているのかなど、知りたい情報がたくさんあるのではないでしょうか。初恋の相手のことが気になって、頻繁に考えてしまうという方も多いはずです。

 

それくらい、昔のことでも自分の胸の中に残っているのが初恋というもの。当時マドンナ的存在だった女の子であれば、今でもそうなのか気になるという思いもあるでしょう。人は誰でも、初恋相手の存在が気になっているのです。しかし、連絡を取れないから自分の思いを伝えられない、あるいは、昔の思い出を一緒に話せないという方も大勢いるのではないでしょうか。昔話に花を咲かせることができれば、もう一度楽しかったときに戻れます。

 

会ってもう一度当時の思い出を話したい、当時話せなかったことを告白したいという場合、初恋の人を探したいという思いになるのではないでしょうか。昔に比べるとネットでつながれる時代なので、探そうと思えば自力で何とかできないわけではありません。

 

それでも、ネットでも連絡手段がないという場合、どうすれば良いのかわからず困っているという人も少なくないはずです。初恋の女の子や同級生に会いたいけど、連絡が取れないという場合、一体どうすれば良いのでしょうか。

 

1-2.ストーカーになってしまう人間の精神的特徴と先ほどの文章の反省

 

ストーカーには以下の特徴を持っている人間が多いです。ご覧の通り私はその気持ちを煽る文章を書いていました。本恥ずかしい限りです。

 

・嫉妬深い→好きな相手の事をなんでも知りたいと思っている独占欲が強い人間がストーカーには多いです。先ほどの文章からはそれを感じることが出来てしまいます。

 

・妄想癖が強い→記憶の中で、初恋の人を過度に美化して自分の勝手な理想を相手に押し付けるような文章を書いてしまっていまいました。これは自分の殻の中に閉じこもり都合のいいようにばかり考えるストーカーにありがちな心理です。

 

・自己愛が強い→上の文章では相手の気持ちを考慮せずに、自分の欲求をぶちまけることばかり書いてしまっています。ストーカーが好きなのは結局、相手が好きな自分自身であり、相手ではありません。

 

勿論、こういった人たちが全員ストーカーになるわけではありません。なる可能性があったとしても気づいて自分を自制できる人も多くいるでしょう。

 

しかし、あなた自身がこういった人間たちに狙われてしまった場合は、いったいどう対処すれば良いのでしょうか。

 

2.探偵にストーカー調査を依頼する。これが一番の対ストーカー対策!

 

もしあなたがストーカーにターゲットとして認識をされてしまったら、一番頼りになるのは探偵です!

 

2-1.自分でできるストーカー対策は貧弱、警察もあまり頼りにならないのが現状。

 

まず、自分でできるストーカー対策は在宅の時も施錠をしっかりして、ドアチェーンをかける。郵便ポストに鍵をかける。ゴミを出すとき、個人情報が分かりそうなものはシュレッダーをかけるなどでしょうか。これらは効果的ではありますが、ストーカー被害を軽減するだけですので、根本的な解決にはなりません。

引っ越しも一見有効的な方法に見えますが、職場などが把握されている場合、そこから新居を突き止められますし、引っ越しをするという事をストーカーに把握されていたならば全てが無駄に終わります。職場も辞めて知らない土地でということであればまた状況は変わってくるかも知れませんが、そこまではやるのは難しいでしょうし、それでも突き止められてしまう可能性は0ではありません。ならばはっきりこちらから「NO」と言ってやろう!と思われるかも知れませんが、ストーカーが逆上してなにか危害を加えてくる可能性があります。

ストーカー行為の種類と自己防衛対策

だったら警察に言えば……っと、思われるかも知れませんが、ストーカー被害で警察に動いてもらうためには、ストーカーをどこの誰だか特定したうえで、日常的にストーキングを受けているという証拠をいくつも手に入れておく必要があります。

それでも、ストーカーが複数人いる集団ストーカーであるならば証拠つかんだり、犯人を特定することはほぼ不可能だといってもいいでしょう。

ここまで読まれた方は、もう打つ手がないと嘆かれるかもしれません。

逆に考えてください!警察に捜査をしてもらうだけの証拠をつかめば大丈夫なんです!

 

2-2.探偵にストーカー調査を依頼して証拠をつかめば一件落着!

 

探偵は警察以外では捜査を行う唯一の職業です!その調査力は警察並みだと考えて頂いて大丈夫です。ストーカーをどこ誰だか特定して日常的にストーキングを行っているという証拠をおさえられる可能性はあなたご自身が調査をするよりグッと高くなります。

そんなプロフェッショナルに寄り添ってもらえることは、恐怖に脅える日々を過ごす中で大きな安心になります。

なによりあなたご自身の身に危険が及んでしまう可能性もグッと少なくなります。

 

ご相談から、ご面談、お見積りまで無料です。

お気軽にお問い合わせください。

1分簡単 オンライン診断↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-8.jpeg

10秒簡単ライン相談

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line@2x.png

メールでご相談↓

soudan@una-tan.com

電話でご相談↓

0120-962-660

お問い合わせフォームからご相談↓

お問い合わせフォーム

浮気調査のページはこちらから↓

浮気調査

調査料金のページはコチラから↓

調査料金

うな探偵社は、

ご依頼者様の強い味方でありお役立ち情報を発信していきます。

弊社は「内閣総理大臣認可法人」【全国調査業協同組合】の理事をしている【総合探偵社】です。

浮気調査/素行調査/盗聴発見/いじめ調査/ストーカー調査

なんでもお任せ下さい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4141-6.jpeg

関連記事

この記事へのコメントはありません。